サマナーズウォー純星4:火シルフ(バレッタ)評価・ルーン構成紹介!タワーハード攻略には外せない調合で手に入る優秀なモンスター

サマナーズウォーバレッタ画像1 サマナーズウォー
サマナーズウォー

こんにちは!マサナカ(@masanaka0375)です!

この記事では、サマナーズウォー純星4モンスター【火シルフ(バレッタ)】の評価・おすすめルーン構成を紹介させていただいております。

サマナーズウォーバレッタ画像1
タイプ:攻撃系星6LvMAX時ステータス
体力11205
攻撃力681
防御力549
攻撃速度105
クリ率15%
クリダメ50%
効果抵抗15%
効果的中0%
火シルフ(バレッタ)のスキル構成

▪︎スキル2【乱気流】
敵周辺の空気を圧縮して急激な乱気流を発生させ、対象の攻撃ゲージを0にする。
(スキルレベルMAXで、スキル再使用3ターン)

▪︎スキル1【羽飛ばし】
小さい精霊を飛ばして敵を攻撃し、クリティカル攻撃発生時、次の攻撃のクリティカル率が30%増加する。

▪︎スキル3【フェニックス飛ばし】
巨大なフェニックスが敵全員を攻撃し、2つの持続ダメージを3ターンの間与える。
(スキルレベルMAXで、スキル再使用4ターン)

▪︎リーダースキル
味方モンスターの攻撃速度が19%上がる。

火シルフ(バレッタ)は、基礎ステータスの体力と攻撃速度が高い水準となっているので、素早く動ける耐久性の高い持続ダメージアタッカーとしてさまざまな場所で活躍することができる優秀なモンスターです。

主に『タワー』で活躍することが多く、特にタワーハードを攻略する上では必須と言っても過言ではない。

今回は、そんな火シルフ(バレッタ)の魅力に迫っていこうと思います。

火シルフ(バレッタ)のここが魅力的!

  • スキル3『フェニックス飛ばし』で持続ダメージを全体にばら撒ける
  • スキル2『乱気流』での足止めが強力
  • 汎用性の高いリーダースキル
  • 調合で入手できるのでスキルレベルを上げやすい

上記の点が、火シルフ(バレッタ)の魅力的なところです。

ひとつずつ解説します。

スキル3『フェニックス飛ばし』で持続ダメージを全体にばら撒ける

サマナーズウォーバレッタ画像2

火シルフ(バレッタ)の『フェニックス飛ばし』は、敵全体に2つの持続ダメージを3ターンの間与えるというもの。

グリムリッパーのスキル『プレーグ』と違って『フェニックス飛ばし』には当たり判定があるので、絶望ルーンとの相性が非常によく、足止めしつつ持続ダメージでじわじわと相手体力を奪っていくというようないやらしい戦い方ができます。

スキル再使用ターンが4ターンなので連発できるわけではないですが、持続ダメージだけで敵全体の体力を合計30%ずつ削ることができる非常に強力なスキルとなっています。

持続ダメージを抵抗されないためにもしっかりと効果的中を上げておくことが重要となります。

スキル2『乱気流』での足止めが強力

サマナーズウォーバレッタ画像3

スキル2『乱気流』は、対象の攻撃ゲージを0にすることができるスキルで、タワーハードの攻略には欠かせないスキルとなっています。

ゲージ下げはタワーのボスに対しても有効なのでタイミングよくこのスキルを使用することでボスの動きをうまく封じることができます。

スキルレベルを上げていない状態だとスキル再使用ターンが4ターンと長いので、回転が悪く、ボス戦で事故ってしまう可能性が上がるのでハードタワーに挑戦するのであればスキルレベルをMAXにしておくことをオススメします。

汎用性の高いリーダースキル

サマナーズウォーバレッタ画像4

火シルフ(バレッタ)のリーダースキルは、『味方モンスターの攻撃速度が19%あがる。』という場所・属性を選ばない汎用性の高いスキルなのが非常に嬉しい。

持続ダメパーティーのリーダーとして、ダンジョンだけでなく対人戦などでも活躍してくれる使いやすいモンスターです。

調合で入手できるのでスキルレベルを上げやすい

サマナーズウォーバレッタ画像6

火シルフ(バレッタ)は、調合することでも召喚できるモンスターなのでクリスタルを消費してガチャを回さなくてもスキルレベルをMAXにすることができます。

かなりの数の聖水が必要となるので長丁場となってしまいますが、タワーの攻略の鍵となるモンスターなので、できることならば火シルフ(バレッタ)のスキルレベルをMAXにしておきたいところです。

デビルモンを使えばカンタンにスキルレベルを上げることができますが、純星4モンスターに貴重なデビルモンを使用するのはもったいないのでオススメしません。

無課金者の場合であれば尚更デビルモンが枯渇(こかつ)するので、純星4モンスターに使うのはやめた方が無難です。

実際に筆者は無課金でプレイしていますが、持っている純星5モンスター(20体)のうち10体ほどしかスキルレベルをMAXにできていません。

筆者はサマナーズウォーをはじめたての頃に、水魔剣士(ラピス)や火ヴァンパイア(ヴェルデハイル)などにデビルモンを使ってしまったことを今でも後悔しています。

火シルフ(バレッタ)のおすすめルーン構成

サマナーズウォーバレッタ画像7

火シルフ(バレッタ)のおすすめルーン構成は、絶望・集中です。

  • 2番:攻撃速度
  • 4番:体力%or防御%
  • 6番:体力%or防御%

サブオプションは、攻撃速度と効果的中を中心に体力%・防御%をしっかりと取っていくことで耐久力のある持続ダメージアタッカーとして活躍することができます。

ハードタワー攻略において、効果的中はだいたい50%ほどあれば十分と言われていますので、これぐらいであれば集中ルーンとサブオプションで十分取れるかと思われます。

火シルフ(バレッタ)に関しては、あえて6番ルーンのメインオプションを効果的中にするのもありです。

メインオプションが効果的中の星6ルーンをレベル15まで強化すれば64%となるので、タワーハードで使用する分にはこれ以上取らなくても問題ありません。

ということは集中ルーンはいらなくなるので、絶望・元気などで組んでサブオプションは耐久全振りにするといった方法で仕上げることができます。

あまり使い道のない効果的中のルーンをうまく使いこなすことができる器用なモンスターなので、ルーンがあまりない初心者の方でも使いやすい強力なモンスターだと言えます。

火シルフ(バレッタ)と組むと強力なモンスター

火グリムリッパー(サス)火ピクシー(タトゥー)火シルフ(バレッタ)と組ませると非常に強力な持続ダメージパーティーとなります。

火グリムリッパー(サス)を二次覚醒させるとパッシブスキルで全体の持続ダメージを2倍にするという特殊なスキルを習得することができるので、バレッタのスキル3『フェニックス飛ばし』との相性が抜群に良い。

『フェニックス飛ばし』は、敵全体に2つの持続ダメージを3ターンの間与えることができるので、火グリムリッパー(サス)がパーティーにいれば、それぞれ合計で60%の体力を持続ダメージで削ることができるようになります。

さらに火ピクシー(タトゥー)を二次覚醒させると強化されるスキル3の『焼却』で相手全体にかかっている持続ダメージを爆発させて、本来持続して受けるダメージの合計を一度に与えることができるので弱化解除させる隙を与えずに大ダメージを狙うことができるという点が火シルフ(バレッタ)との相性が良いです。

まとめ

今回は、サマナーズウォー純星4モンスター【火シルフ(バレッタ)】の評価・おすすめルーン構成紹介記事を書かせていただきました。

最後まで読んでいただきありがとうございますm(_ _)m

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました