サマナーズウォー:リーダースキルの適用エリア解説『ダンジョンで味方モンスターの〜』が使える場所と使えない場所一覧

サマナーズウォーリーダースキル解説画像8 サマナーズウォー
サマナーズウォー

こんにちは!サマナーズウォーを無課金勢のマサナカ(@masanaka0375)です!

筆者はサマナーズウォーをプレイ中に、ある疑問が浮かび上がってきました。

それは、

リーダースキルの『ダンジョンで味方のモンスターの〜』ってやつの『ダンジョン』ってどの場所のこと言ってんの?

サマナーズウォーにおいて、ダンジョンかダンジョンでないかの線引きはどこにあるの?

という疑問。

サマナーズウォーリーダースキル解説画像1

↑例えば、このヴェルデハイルの『ダンジョンで味方モンスターの攻撃速度が28%上がる』というリーダースキルは、いったいどの場所で使えて、どの場所で使えないんだろうか、、、

ってことで今回は、『ダンジョンで味方のモンスターの〜』系のリーダースキルがどこで使えて、どこで使えないのかを調べてみました!

まずは、リーダースキルがそれぞれの場所で、使えるのか使えないのかを見分ける方法を解説していこうと思います。

リーダースキルが使える場所なのかそうでないのか見分ける方法

リーダースキルが使える場所なのかそうでないのかを見分ける方法は、ステージ開始前に表示されるリーダースキル解説の文字の色を見ることで判断することができます。

サマナーズウォーリーダースキル解説画像8

↑この場合、リーダースキル解説の文字は、オレンジ色なのでリーダースキルが使える。

サマナーズウォーリーダースキル解説画像9

↑この場合、リーダースキル解説の文字が灰色なのでリーダースキルが使えない。

リーダースキルは、使える場合もそうでない場合も解説が入るので勘違いしてしまいがちですが、オレンジ色なら使える、灰色なら使えないと覚えておきましょう。

リーダースキル『ダンジョンで味方モンスターの〜』が使える場所

  • カイロスダンジョン
  • 異界ダンジョン
  • 次元ホール

↑上記の場所で、『ダンジョンで味方モンスターの〜』系のリーダースキルを使用することができます。

サマナーズウォーリーダースキル解説画像2
  • 魔力のダンジョン
  • 曜日ダンジョン
  • 秘密ダンジョン
  • 巨人ダンジョン
  • ドラゴンダンジョン
  • 死のダンジョン
  • 鋼鉄のダンジョン
  • 審判のダンジョン

↑これらすべての場所で『ダンジョンで味方モンスターの〜』系のリーダースキルが使えます。

『異界ダンジョン』では、

  • 業火の魔獣
  • 酷寒の魔獣
  • 暴風の魔獣
  • 光輝の魔獣
  • 深淵の魔獣

↑上記の場所で『ダンジョンで味方モンスターの〜』系のリーダースキルを使用することができます。

サマナーズウォーリーダースキル解説画像3

ここで注意して欲しいのが、『異界レイド』では、『ダンジョンで味方モンスターの〜』系のリーダースキルを使用することができません!

同じ異界の狭間から入場するので、間違えがちですので注意しましょう。

あと次元ホールのすべてのダンジョンで、『ダンジョンで味方モンスターの〜』系のリーダースキルを使用することができます。

二次覚醒ダンジョンでも問題なく使えるので、ヴェルデハイルやルシェンのような強力なリーダースキルを持っているモンスターがリーダー枠として活躍することができます。

リーダースキル『ダンジョンで味方モンスターの〜』が使えない場所

  • 異界レイド
  • タワー
  • アリーナ
  • ワリーナ
  • ストーリー(シナリオ)
  • タルタロス迷宮
  • 次元の裂け目

上記の場所では、『ダンジョンで味方モンスターの〜』系のリーダースキルを使うことができません。

先ほども言いましたが『異界ダンジョン』では使えますが、『異界レイド』では使うことができません。

サマナーズウォーリーダースキル解説画像4

↑灰色になっているので使えません。

タルタロスの迷宮も使えそうな感じがしますが使えませんでした。

サマナーズウォーリーダースキル解説画像5

あとレベル上げに最適な『次元の裂け目』でも『ダンジョンで味方モンスターの〜』系のリーダースキルを使うことができません。

サマナーズウォーリーダースキル解説画像6

なので、ラピスのような場所を問わないリーダースキル持ちを使用するのがいいかと思われます。

サマナーズウォーリーダースキル解説画像7

まとめ

今回は、リーダースキルの『ダンジョンで味方モンスターの〜』が使える場所と使えない場所を紹介させていただきました。

こうして見てみると使える場所が少ないように感じてしまいますね。

タワーやストーリーなど、一見使えそうな気がする場所でも使えない場合があるので、勘違いしてリーダー枠に採用しないように注意しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました