スポンサーリンク

【レビュー】GB『ロックマンワールド5』オリジナル要素がふんだんに詰まったワールドシリーズの集大成!

GBロックマンワールド5アイキャッチ画像レトロゲーム
レトロゲーム

こんにちは!マサナカ(@masanaka0375)です!

今回は1994年にカプコンから発売されたゲームボーイソフト『ロックマンワールド5』のレビュー記事を書かせていただきます。

作品情報
タイトルロックマンワールド5
ジャンル横スクロールアクション
ハードゲームボーイ(GB)
開発元水口エンジニアリング
発売元カプコン
発売日1994年7月22日
定価3,800円

ロックマンワールドシリーズ5作目にして、シリーズ最終作の横スクロールアクションゲームです。

前作までは本家をベースに作られていたのですが、ロックマンワールド5ではボスやBGMなどあらゆる要素がオリジナルのものとなっています。

ワールドシリーズの集大成と言える作品で、ロックマンの面白さと新しい要素が絶妙なゲームバランスで組み合わさった名作です。

そんな、「ロックマンワールド5」の良かったところや悪かったところを紹介させていただきます。

スポンサーリンク

良かったところ

  • ロックンアームの強化ができる
  • 懐かしいボスがいる
  • パワージェネレーターがイカしてる
  • 横スクロールシューティングが楽しめるステージがある

上記の点が、ロックマンワールド5の良かったところです。

ひとつずつ解説します。

ロックンアームの強化ができる

GBロックマンワールド5プレイ画像1

『ロックンアーム』というのは、ロックマンワールド5オリジナルの要素でロックバスターのチャージショットがロケットパンチに変更されています。

このロックンアームは、『Pチップ』(ドラクエでいうところのゴールド)を使用してパワーアップアイテムを購入することで能力を強化することができます。

強化できる能力は2種類。

  • 至近距離の敵を鷲掴みして連続ダメージを与える『ロックンクロー』
  • 届かないアイテムを掴み取ることができる『マジックハンド』

どちらも有能なスキルなのでPチップの無駄遣いをしないようにし、優先的に購入することをオススメします。

懐かしいボスがいる

GBロックマンワールド5プレイ画像2

本家ロックマンで数々のプレイヤーにトラウマを与えたボス『イエローデビル』のそっくりさんがロックマンワールド5に登場します。

その名は『ダークムーン』。

見た目はそっくりですが、本家のような悪魔的強さではないので安心してください。

ロックマンワールド5では、このような過去作をオマージュしていると感じられる要素がゲーム内でチラホラと散見されます。

パワージェネレーターがイカしてる

ロックマンワールド5には、後半ステージで拾うことができる『クリスタル』を4つ集めることで『パワージェネレーター』というイカしたアイテムを入手することができます。

その効果は「特殊武器のエネルギー消費を半分にする」というもの。

エネルギー消費を気にしてケチってしまいがちな特殊武器を、精神的に使いやすくしてくれる便利アイテムなのです。

なくても十分クリアできるのですが、ケチな筆者はこのアイテムのおかげで気兼ねなく特殊武器を乱射できるようになりました。

横スクロールシューティングが楽しめるステージがある

GBロックマンワールド5プレイ画像3

迫り来る隕石を避けながら、敵機を撃ち落としていくという「グラディウス」的なステージが用意されています。

マンネリ化しがちなゲーム性に、このようなちょっとしたアクセントを加えることで、飽きを遠ざける工夫がされています。

悪かったところ

  • 処理落ちが気になる
  • 複雑なパスワード
  • ボス『マーキュリー』がウザい

上記の点が、ロックマンワールド5の悪かったところです。

ひとつずつ解説します。

処理落ちが気になる

前作もでしたが、ロックマンワールド5でも処理落ちが発生してしまうため、テンポの悪さを感じてしまいました。

非常に面白い作品が故(ゆえ)に、こういった細かいところが気になってしまうのが残念でなりません。

複雑なパスワード

GBロックマンワールド5プレイ画像4

さまざまな要素が追加されたせいなのか、パスワードがかなり複雑となってしまいました。

いまならスマホで写真を撮っておくなどできますが、当時これをいちいちメモしていたと思うとかなりめんどくさいですね(笑)

現在では当たり前の『セーブ機能』がいかにゲームプレイを快適にしてくれているかを、ひしひしと感じました。

ボス『マーキュリー』がウザい

GBロックマンワールド5プレイ画像5

前半で戦うこととなるボス『マーキュリー』なのですが、彼の攻撃『スナッチバスター』を喰らってしまうと、手持ちのアイテムが奪われてしまうというめっちゃめんどくさい仕様なのがウザすぎました。

せっかく集めた『E缶』などを失ってしまうのは精神的ダメージが非常に高く、リセットしたくなってくるレベルでイライラします。

まとめ

100点満点中【85点】

オリジナル要素がふんだんに盛り込まれた、ボリューム感のあるゲームソフトでした。

過去作と比べると、かなりカンタンな方なので、アクションゲームがあまり得意でない方でも十分楽しめる内容となっています。

いまならゲームボーイ実機でプレイしなくても、3DSで遊ぶことができるダウンロード版が配信されているので、新しいハードで手軽のプレイできるのもいいですね。

↓こちらから購入できます。

今回は、ゲームボーイソフト『ロックマンワールド5』のレビュー記事でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました