退職代行サービスを利用するメリット・デメリットを解説!

退職代行メリットデメリット画像 退職代行まとめ
退職代行まとめ

退職代行ってなに?

退職代行を利用するメリットは?

利用するデメリットはなにかあるの?

このような疑問にお答えします。

本記事では、退職代行サービスを利用するメリット・デメリットを交えながら、退職代行サービスを利用する際の注意点について解説させていただきます。

退職代行サービスとは?

退職代行とは?画像

「退職代行サービス」とは、本人の代わりに代理で会社に退職の意思を伝えて退職の手続きを代行するサービスのことです。

会社を辞めたいけど言い出せない…

会社の人間関係が嫌で一刻も早く退職したい

退職の話をしたらはぐらかされる、引き留められる

入社前と話が違う

未払いの残業代や有給について交渉したい

このような悩みを持っている人がスムーズに退職できるように善処(ぜんしょ)してくれます。

すべての労働者は、民法627条により「退職の申し入れ日から2週間後には退職できる」とされているため、退職代行サービスを利用すれば100%退職可能です。

退職代行サービスの多くは、LINEやメールを使って相談・質問を受け付けており、24時間対応してくれるところがほとんどです(弁護士法人の退職代行サービスは24時間でないところが多い)。

また、弁護士法人や労働組合が運営している退職代行サービスであれば、未払金や退職金、有給休暇の請求などを代行してもらうことができます。

なかには「転職エージェント」や「人材派遣会社」と提携しており、退職後の転職サポートが受けられる退職代行サービスもあります。

「再就職できるか不安だな…」という方は、転職サポートのある業者を選んでおくと安心です。

退職代行サービスを利用するメリット

退職代行サービスのメリット画像

ブラック企業からすぐに退職することができる

退職代行サービスを利用することで、すぐに会社を辞められるのが大きなメリットです。

人で不足でなかなか辞めさせてもらえない…
上司に引き止められる…

今すぐ辞めたいのに辛い…

このような悩みを抱えている方は非常に大勢いらっしゃいます。

周りの空気が読めて思いやりのある優しい人ほど「退職したい」と言い出せず、ひとりで苦しんでいるのではないでしょうか?

”そんな方をひとりでも多く救いたい!”

退職代行サービスを利用すれば、今すぐ退職することが可能です。

辛い
挫けそう
逃げ出したい

そんなときは、退職代行サービスが「アナタ」の強い味方になってくれます。

自分から会社に連絡する必要がない

退職代行サービスを利用すれば、会社に対して自分の口からは言い出しにくいことをアナタの代わりにすべて伝えてくれます。

アナタ自身が直接連絡する必要はありません。
もし会社から連絡がきても無視して大丈夫です。

退職に必要な連絡はすべて退職代行業者が代わりに行ってくれるので、アナタの退職を丸投げしてください。

嫌いな上司や同僚に会わなくていい

退職代行サービスを利用すれば、上司との面談や話し合いをする必要はありません。

退職の意思を代わりに伝えてもらうことができるため、会社と直接話すことがなく、引き止められることなく退職できることがほとんどです。

中にはパワハラやモラハラなどの事情があって、上司と顔を合わせるのも嫌だという方もいらっしゃることでしょう。

退職日まで仕事するのが気まずい…

パワハラ上司に会いたくない…

もう逃げ出したい…

このような方は、退職代行サービスを利用すれば今すぐ退職することが可能です。

退職代行サービスを利用するデメリット

退職代行サービスのデメリット画像

費用がかかる

退職代行サービスを利用するデメリットとしては「費用がかかってしまう」ことです。

  • 一般企業なら20,000〜25,000円
  • 労働組合なら25,000〜30,000円
  • 弁護士法人なら50,000円以上

けっして安い金額ではありません。

しかし、
「有給を消化してから退職したい」
「未払金を支払ってほしい」
「退職金を支払ってほしい」
といった交渉を自分自身で行うのはきわめて困難です。

退職代行サービスを利用すると、費用がかかったとしても自分にとって有利な形で退職できることが多いため、お財布と相談しながら利用するかどうか決めましょう。

会社から連絡が来てしまう可能性がある

退職代行業者から会社に対して、直接本人に連絡しないように伝えてもらうことはできるのですが、100%会社から連絡が来ないという保証はありません。

会社にたいして「退職代行業者を通して連絡するように」と伝えても、直接連絡してしまう会社もあります。

どんな場合であっても退職代行サービスを利用したのであれば、会社から連絡がきても無視して問題ありません。

しつこく何度も連絡してくるようであれば、退職代行業者に「なんのために連絡をしてきているのか?」を聞いてもらいましょう。

会社から連絡がきた場合、「でる」「でない」かは利用者の判断になります。

ほとんどの会社は直接連絡してくることはありません。
ですが、ごく一部、直接連絡してしまう残念な会社があるということを覚えておいてください。

退職代行サービスを利用時の注意点

退職代行サービス利用時の注意点

ネットの口コミ・評判だけで判断しない

退職代行サービスを選ぶときは、ネットの口コミ・評判だけを見て判断してはいけません。
ネットで流れている情報は「操作」されている可能性を否定しきれないからです。

操作されてるってどういうこと?

マサナカ
マサナカ

そもそもの話なんだけど、ほとんどの人は基本的になにかメリットがないと口コミを書きこんだりしないんじゃないかな。

メリットって?

マサナカ
マサナカ

たとえば、口コミを書くことで「Amazonギフト券」がもらえるとか。

じゃあ、口コミが多くある退職代行サービスは、エサで釣って口コミ書いてもらってるってこと?

マサナカ
マサナカ

ないとは言い切れないね。
やたらめったら良いことばかり書かれてるサービスもよく見かけるから。

なんか信用できなくなってきた…

マサナカ
マサナカ

ネットの口コミや評判だけをみてサービスを選ぶのは危険だよ。

しっかりとどのようなサービスなのかを吟味して、メリット・デメリットを知った上で利用するようにしよう!

  • どこが運営しているのか
  • 利用料金は適正か
  • 返金保証の有無
  • 弁護士が監修しているか
  • 転職サポートはあるか

などのサービス内容をしっかりと理解したうえで、自分に合った退職代行サービスを選ぶようにしましょう。

口コミ・評判に関しては「話半分」程度に流し読みすることをオススメします。

非弁行為を行う業者に注意する

弁護士でも労働組合でもない一般企業の退職代行サービスは、会社に対して有給などの交渉することができません。

会社への交渉行為とは、下記のようなことが挙げられます。

  • 有給休暇の交渉
  • 残業代・未払金の請求
  • 退職金の請求
  • 訴訟行為(弁護士のみ対応可)

⬆︎このような交渉行為を弁護士でも労働組合でもない一般企業が行った場合は「非弁行為」となり、最悪の場合、依頼者もろとも罪に問われることがあります。

会社に対して交渉したいことがある場合は、交渉することが法律で認められている「弁護士」または「労働組合」が運営する退職代行サービスを利用するようにしましょう。

「ただ単にやめれたらそれでいいよ〜」という方でも、万が一のトラブルに備えて労働組合の退職代行サービスの利用をオススメします。

もう会社に行かなくていいように準備しておく

退職代行サービスを利用する場合、会社に出社する必要なく退職手続きを進められます。
そのため、もう会社に行かなくてもいいように事前準備しておきましょう。

  • 私物等を持ち帰る
  • 会社のモノは置いて帰る
  • 社宅に住んでいる場合は引っ越し先を確保する

後からでも郵送などで対応できますが、できることは事前に済ませておけばよりスムーズに退職することができます。

まとめ

以上、退職代行サービスを利用する際のメリット・デメリットについて解説させていただきました。

退職代行サービスを利用するメリット
ブラック企業からすぐに辞めることができる
自分から会社に連絡する必要がない
嫌いな上司や同僚に会わなくていい

■退職代行サービスを利用するデメリット
費用がかかる
会社から連絡が来てしまう可能性がある

■退職代行サービス利用時の注意点
ネットの口コミ・評判だけで判断しない
非弁行為を行う業者に注意する
もう会社に行かなくていいように準備しておく

退職代行サービスを利用すれば、わずらわしい手続きをすべて丸投げしてスムーズに退職することが可能です。

会社を辞めたいけど、上司に言い出せない

上司と一切あわずに退職したい

人手不足だから辞めさせてもらえない

会社の人間関係が嫌で一刻も早く退職したい

”そのまま仕事を続けるのは危険です!”

自分の力でどうしようもないときは、誰かの力を借りてください。

”アナタはひとりではありません”

退職代行サービスは、人生の新たな第一歩を踏み出すきっかけを作り出してくれます。

サクッと退職して、アナタが本当にやりたかったこと、興味があることに挑戦してみませんか?

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました