スポンサーリンク

【PS3レビュー】「ガンダムブレイカー」飽き性の中年おっさんがハマりにハマったゲームを紹介

ガンダムブレイカーレビューアイキャッチ画像プレイステーション
プレイステーション

こんにちは!マサナカ(@masanaka0375)です!

今回は、PS3ソフト『ガンダムブレイカー』がめちゃくちゃ面白いよって話をさせていただきます。

筆者は先日、『なんか面白いゲームないかなぁ』と思いつつ、いつも行く中古ショップを散策していました。

そのときに見つけたのが、今回紹介するPS3ソフト『ガンダムブレイカー』なのであります。

ガンダムブレイカーパッケージ画像

値段はなんと、100円(税抜き)

在庫が大量にあるのかわからないが、ダイソーレベルの値段で投げ売りされていました(笑)

筆者はガンダムのことはほとんどしらない(ターンエーガンダムの名前を聞いたことがあるぐらい)のですが、『100円ならつまらなくてもいいっか〜』ということで購入。

その後、筆者はこのゲームにどハマりし、寝る間も惜しんでプレイすることとなる…。

スポンサーリンク

ガンダムブレイカーのここが面白い!

結論から言いましょう。

”ガンダムブレイカーはめちゃくちゃ面白いです!”

ガンダムを知らない人でも十分楽しめる非常に良くできたゲームソフトで、「所詮キャラゲーでしょ?」と軽く見ていたプレイする前の自分が忌々(いまいま)しいです。

ガンダムブレイカーの面白さの秘訣は大きく分けて5つあると考えられます。

  1. 繰り返し遊びたくなる中毒性の高いハクスラ要素
  2. パーツを組み合わせることで自分オリジナルの機体を作ることができる創作性
  3. ひとつひとつのミッションが短時間で終わるので忙しい社会人にピッタリなゲーム性
  4. やりごたえのある高難度ミッションの数々を適切なパーツの組み合わせで乗り越える達成感
  5. 戦況を大きく変えるモジュールの存在

上記の点が、ガンダムブレイカーの面白さの秘訣です。

ひとつずつ詳しく解説していきます。

繰り返し遊びたくなる中毒性の高いハクスラ要素

ガンダムブレイカー画像1

ガンダムブレイカーの面白さ秘訣はなんといっても中毒性の高いハクスラ要素にあると言えます。

  1. ミッションを受注
  2. 敵機体を撃破するとパーツをドロップするのでそれを拾う
  3. ミッションをクリアする
  4. 拾ってきたパーツを組み合わせて機体を強化する
  5. 次のミッションへ

↑このようなシンプルなゲーム性で難しい要素は特になく、必要なことはやりながら自然と覚えていけるようなとっつき易さがあります。

強い武器やパーツを求めて、何度もミッションを繰り返し遊んでしまうような、高い中毒性と依存性のあるゲームシステムが、このゲームの面白さを何倍にも膨れ上がらせているように感じました。

やめるタイミングを見失いやすく、「あともう一回!」が永遠に続いてしまうが故(ゆえ)に、寝る間も惜しんでプレイすることにより、寝不足となってしまう可能性を秘めている危険なゲームです。

外出するのがめんどくさくなってしまうので、大切な予定がある日にプレイすることはオススメできません。

パーツを組み合わせることで自分オリジナルの機体を作ることができる創作性

ガンダムブレイカー画像2

ほとんどガンダムを知らない筆者でも、「オリジナルのガンプラを組み立てる」という男心をうまくクスぐってくるこのシステムには感服いたしました。

パーツを変えれば見た目もガラッと変わるので、パーツの能力を完全に無視して自分好みの機体を作るといった楽しみ方もできます。

さらに、機体のカラーリングや汚し塗装、傷加工、光沢仕上げなど細かい部分までプレイヤーの好みに仕上げることができるので、プラモ好きの人は一生遊べるゲームです。

自分のお気に入りの機体が戦場に立つ姿を眺めるだけで、このゲームを買う価値があるのではないでしょうか。

ひとつひとつのミッションが短時間で終わるので忙しい社会人にピッタリなゲーム性

ガンダムブレイカー画像4

ミッションを受注してクリアしていくというシンプルなゲーム性が故(ゆえ)に、区切りを付けやすく無駄にダラダラしてしまうことなくプレイすることができます。

1つのミッションはだいたい10分〜15分程度でクリアできるので、ちょっとした間時間にでも気軽にプレイできるところがなにかと急がしい社会人にはありがたいです。

強力なパーツを求めてミッションを何度も周回する場合であっても、サクサクとテンポよくクリアすることができるので、せっかちな人であっても不満なく楽しむことができます。

やりごたえのある高難度ミッションの数々を適切なパーツの組み合わせで乗り越える達成感

ガンダムブレイカー画像3

ガンダムブレイカーには「難易度設定」なるものはなく、後半になるにつれて徐々にミッションが難しくなっていくスタイルです。

非常にバランスの取れた難易度設定となっており、アクションゲームがそこまで得意でない方でも、パーツの組み合わせを見直すなどすることによってなんとかクリアできるレベルの絶妙な難易度となっています。

戦況を大きく変えるモジュールの存在

ガンダムブレイカー画像5

見た目とステータスが上がる武器や装甲などの各種パーツとは別に、「モジュール」と呼ばれる自身の機体に特殊能力を与えるパーツを最大8個つけることができます。

モジュールの効果はさまざまで、合計200種類以上のモジュールの中から自由に組み合わせることができるのですが、このモジュールの組み合わせを考えるのが非常に楽しいです。

組み合わせ次第では、カンタンにステージをクリアできてしまうほど大きく戦況に影響を与えるので、行き詰まってしまったときは新しいモジュールを求めてミッション周回することとなります。

人によってはこういった作業的になりがちなプレイはあまり好まないかもしれませんが、一つ一つのミッションがサクサククリアできるようになっているので、筆者はストレスなくゲームを楽しみながらモジュール集めをすることができました。

「サイコフレーム」と「フィードフォワード制御」がドロップしたときがいちばん嬉しかったなぁ。

ゲーム中のロード時間について

筆者のPS3はSSDに変換済みなので、そのおかげもあってかロード時間はかなり早いと感じました。

標準のHDDの場合はわかりませんが、筆者のプレイ環境であればかなり快適にプレイすることができます。

少々手間がかかりますが、PS3のSSD変換はかなりオススメです。

まとめ

今回は、PS3ソフト『ガンダムブレイカー』がいかに面白いかを語らせてもらいました。

ガンダムをほとんど知らない筆者でも、十分楽しめる良作だったので男子全員にオススメしたい作品です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました