会社員に向いていない人の特徴5選|「雇われる」だけが生き方ではありません。

会社員向いていない人の特徴5選アイキャッチ画像 ビジネス
ビジネス

”もしかして自分って「会社員」に向いてないのかもしれない…”

  • 「周りの人は楽そうに仕事しているけど、自分はめっちゃしんどい」
  • 「我慢して今の仕事を続けているけど、もうすぐ限界が来そう、、、」

アナタは、このように感じたことがありませんか?

「我慢」が美徳とされるこの国では、「勝手気ままに生きる=社会のはみ出し者」となってしまうのが世の常(つね)です。

ですが、我慢して、我慢して、我慢した、その先に、一体何が残るのでしょうか?

おそらく、「強い虚しさ」と「もっと自由に生きていきたかった」という後悔のみが残るでしょう。

社会からはみ出たからといって、死ぬわけではありません。

”人生は一度きりです”

血湧き心躍る人生を生きたいと思いませんか?

今回、紹介する「会社員が向いていない人の特徴5選」に当てはまる人は、「雇われない生き方」を選択する方が幸福度の高い人生を送れる可能性が高いです。

一つ一つ、自分自身に当てはまっていないか確認しながら、気軽に読み進めてみてください。

この記事の内容
  • 会社員に向いていない人の特徴5選
  • 必ずしも「雇われる」だけが人生の生き方ではないというお話し
スポンサーリンク

会社員が向いていない人の特徴5選

budサインを出す女性

人に合わせるのが苦手

会社(組織)で働く以上、他人との関わりを避けることはできません。どうしても人間的に合わない人であっても、良い関係を続ける必要があります。

しかし、自我が強く、周りの他人とうまく波調を合わせられない人は、会社内で孤立してしまう可能性が非常に高いです。

仕事は基本的に役割をチームで分担しつつ連携して行うもの。
そんな中で、「孤立した人」というのは同僚だけでなく上司から見ても「使いにくい人材」となってしまいます。

孤立してしまった人は、与えられた仕事が円滑に進まないだけでなく、社内での居心地も悪くなるため、遅かれ早かれ退職することになるでしょう。

  • 協調性がないと会社内で「孤立」してしまう。
  • 孤立してしまった人は、他人から見ると「使いにくい人」になってしまう。
  • 人にうまく合わせられない人は、遅かれ早かれ退職してしまう。

命令されるのが苦痛でたまらない

会社員として生きていく以上、「他人からの命令」を避けて通るとこは不可能です。必ずなにかしらの命令をくだされます。

その命令がたとえ理不尽なものであっても、「会社員」である以上、従わざるを得ません。

”自分はもしかして、他人に命令されて生きていく奴隷なのだろうか?”

会社員という名の奴隷制度。

義務教育で培(つちか)ってきた、奴隷としての才覚(さいかく)。

「勉強して、いい大学に入って、大企業に就職しなければ幸せになれない」

本当にそう思うのであれば、そのまま会社員を続けてください。

少しでも「そんなことはない」「間違っている」と感じるのならば、アナタは会社員には向いていません。

  • 「会社員」は現代の奴隷制度
  • 義務教育で教わるのは、奴隷制度からはみ出さない方法

同じことを繰り返すのが苦手

会社員として生きていくということは、「代わり映えのない人々と、毎日同じような仕事を永遠繰り返しながら生きていく」ということです。

「新しいことがしんどいんよ、だから、毎日同じことを永遠と繰り返している方が楽なんよ」
という方は、会社員向けな性質を持っています。そのまま会社勤めされた方が、豊かに暮らせるでしょう。

一方、「代わり映えのない毎日に嫌気がさしている」「同じことの繰り返しで気が狂いそうだ」このように感じる人は、会社員には向いていません。

そんな人は、自分が心から”やりたい”と思える「なにか」を探す旅に出ましょう。

人はカンタンな作業を永遠と繰り返したとて、大きく成長をすることはできません。

人は「やったことのないことに何度も挑戦し、失敗を繰り返しながら学ぶ」ことでどんどん成長します。

  • 同じことを繰り返すのが得意な人は会社員に向いている
  • カンタンな軽作業を何度も繰り返したとて、人は成長しない

集団行動が苦手

「人に合わせるのが苦手」に通ずるところがありますが、仕事というものは1人ですべてやるものではなく、チームで連携して行うことがほとんどです。

内向的な性格で1人をこよなく愛する人は、大人数でのやりとりや集団行動そのものに大きなストレスを感じてします。
結果、仕事が長続きせず、転職を繰り返してしまうのです。

会社によっては、1人でのびのび仕事ができるところもあるかと思いますが、一般的にそういった会社は少なく、うまく就職できたとしても最低限の人付き合いは覚悟しなくてはなりません。

「どうしても他人と関わりたくない」という人は、プログラミングやWebライターといった専門的なスキルを身につけ、「クラウドワークス」のようなネットで仕事を受注できるようなシステムを利用して稼ぐことをオススメします。

  • 集団行動が苦手な人は、「会社に属する」だけでストレス
  • 1人でのびのび仕事ができる会社を探すのは難しい
  • 「どうしても他人と関わりたくない」という人は、クラウドワークスで稼ぐ力をつけましょう

叶えたい夢や目標がある

今している仕事の延長線上に、自分の夢や目標のゴールがある人であれば問題ありませんが、そうでない人の場合、会社で働いている時間が夢や目標を達成する上で「無駄な時間」になってしまいます。

自分にとって無駄で生産性のない仕事というのは、ただ単に「苦痛」でしかありません。

「絶対に叶えたい夢がある!」
「誰にも邪魔されたくない目標がある!」

そんな人は、思い切って退職し、自分のやりたいこと、夢に向かって全力で立ち向かうことをオススメします。

「仕事を辞める」ということは、「安定を捨てる」ということ。

不安や恐怖を感じるかもしれませんが、

”やりたいことをやらずして、なにが人生か?”

負の感情(怖い、痛い、辛い、逃げたい)を感じてこそ人は生きているんです。

アナタはそのまま会社員(奴隷)を続けますか?

それとも、その身燃え尽きるまで夢を追いかけますか?

  • 叶えたい夢や目標がある人はそちらを優先しよう
  • 「やりたいこと」があるなら、安定を捨てる勇気を!
  • 不安や恐怖を感じてこそ人は生きている

必ずしも「雇われる」だけが人生の生き方ではない

パソコン作業する女性

親や学校の先生達の言うことを鵜呑みにしてはいけない

多くの方は、親や学校の先生から、「しっかり勉強して、いい大学を出て、大企業に就職しないと、アナタは幸せになれません」と耳が痛くなるほど言われたかと思います。

ですが、それは「嘘」である、と言わざるを得ません。

実際に筆者は、「中卒」のクソ野郎です。

さらに前科も持っており、完全に社会不適合者ですが、ブログを更新し多くの方に読んでいただくことによって発生する広告収入で、決して裕福ではありませんが毎日美味しいご飯をお腹いっぱい食べて幸せに暮らしています。

おそらく筆者は今後、会社員として働くことは「ない」です(というか雇ってもらえません)。

ですが、胸を張って言えます。

「僕は今も、昔も、そして、これからも、ずっと幸せです」

この非常に豊かな国「日本」のこの時代に生まれ、衣食住に一度たりとも困ったことはありません。

毎日、暖かいお風呂に入れて、屋根がある家でぐっすりと眠ることができます。

気の合う仲間にも恵まれ、日々楽しく平穏に暮らしています。

”人生において、これ以上の幸せが他にあるのでしょうか?”

「雇われない生き方」について

「雇われない生き方」についてですが、個人でできる雇われない生き方で、元手がほとんどかからず誰でも始めやすいものは、「ブログ・アフィリエイト」のみです。

他にも、

  • 起業する
  • YouTubeを始める
  • 転売を始める

などありますが、どれも多くの元手資金が必要となり、失敗のリスクが高いため、オススメできません。

ブログは、収益化するのにかなりの時間を要します(半年〜1年ほど)。

ですが、じっくりと腰を据えてブログを更新できる人であれば、ほぼノーリスクで稼ぐことができるビジネスです。

「おれは会社員には向いていない!でもなにから始めたらいいか全くわからん!」という人は、ブログを始めることをオススメします。

「ブログも何もしたくない!おれはダラダラ生きていきたいんだ!」という人は、「生活保護」を使いましょう。

最終手段ですが、生活保護申請は国民の権利です。

必要な場合は、遠慮せず申請しましょう。

まとめ

今回は、「会社員が向いていない人の特徴5選」というテーマでお話しさせていただきました。

  • 人に合わせるのが苦手
  • 命令されるのが苦痛でたまらない
  • 同じことを繰り返すのが苦手
  • 集団行動が苦手
  • 夢や目標がある

これらの特徴を持つ人は、「雇われない生き方」を選択した方がより、人生を豊かにできる可能性があります。

”人生は一度きり”

後悔しない人生を、自分自身の力で切り拓いてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました