人生を気楽に生きる8つの方法!精神的安定を手に入れる!

人生をイージーモードに変更サムネイル ライフスタイル
ライフスタイル

生きるのが辛い!

それは、自分で自分を追い込んでいるのが大きな原因である可能性が高いです。

今回は、そんな自分に厳しすぎるあなたに向けて、「気楽に生きる方法8つ」を紹介します!

本記事を読むと
  • 楽い生きていくにはどうしたらいいのか?
  • 幸せってなんなのかわからない、、、
  • ストレスから解放されたい!

    あなたのこのような悩みを解決します!

人生を気楽に生きる8つの方法!

一気に箇条書きします。

  1. 正社員にこだわらない
  2. 働いている会社がブラックならいますぐ退職する
  3. 自己肯定感を上げる
  4. 周りの目を気にしない
  5. 無理して人に好かれようとしない
  6. 家賃の安い家に住む
  7. 読書習慣を身につける
  8. 幸せの基準を下げて感度を上げまくる

このような内容となります。

ひとつずつ解説していきます。

正社員にこだわらない

正規雇用と非正規雇用の格差のイラスト
  • 「いい歳してバイトなの?」
  • 「正社員じゃないとこの先不安だ」
  • 「正社員じゃないとボーナスが出ない」

このように考えていらっしゃる方が非常に多いように感じます。全くもってどうでもいいことですね。いい歳してバイトの何がいけないんでしょうか?

筆者は、いろんな企業の方とお話しさせていただく機会がありますが、40代や50代であってもアルバイトとしてお仕事を頑張っている方がたくさんいらっしゃいます。

正社員で頑張っている人ほど会社の愚痴ばかりで、つまらなそうに仕事をしている人が多い印象。逆に、アルバイトで頑張っている人の方が自由に人生の時間を使いながら楽しく生きているように感じます。

これは「責任感」の違いなのかどうかは、わかりません。

恐らく上司に「正社員なんだからもっと働けよ!」と昭和の時代によく聞いたフレーズを言われまくっているのかなぁとお察しいたします。

「正社員じゃないと不安だ、、、」なんて感じていらっしゃる人もいるかと思いますが、いまの時代は正社員だからと言って一生安泰なわけではありません。

日本の大企業「トヨタ」も終身雇用は難しいと仰っておりました。

あなたがこの先その大企業で定年まで働き続けられる保証はありますか?

「正社員だから安泰」は、もはや昔話です。

だからと言って、アルバイトが楽だとは思いませんが、会社のために夜遅くまで残業して自分の時間が取れないほど働く必要があるのでしょうか?

いっそアルバイトにもどって8時間なら8時間みっちり働いて時給を稼いでササッと帰るという選択もありだと思いませんか?

アルバイトであればある程度の時間のコントロールができるので、自分のために使う時間を多く取れるようになります。

空いた時間をストレス解消に使うのもいいし、独学して転職または独立をめざすことで「新しい自分」として、人生を再スタートさせるというのもワクワクしてきませんか?

ブラック企業に勤めているならいますぐやめる

ブラック企業のイラスト(男性)
  • 残業代が出ない
  • パワハラ上司がいる
  • 強制的に飲み会に連れて行かれる
  • 家帰るとクタクタで全く何もできない
  • 眠たいのに眠れない
  • 朝起きると死にたいと感じる

あなたの会社がこれらの特徴に当てはまるなら、今すぐやめることをオススメします。

ブラック企業に使い潰されている暇があったら、家で独学している方がよっぽど有意義な時間を過ごせます。

「いやいや、仕事辞めたら生活できないじゃん!」って方。

大丈夫です。

この国には生活保護があります。

生活保護申請は国民の権利ですので何も恥ずかしがることはありません。

ブラック企業で精神的に追い詰められ、精神崩壊する前に退職し、納税者に感謝しながら生活保護をもらって社会復帰を目指しましょう!

⇩生活保護をもらいたい方はこちらの記事を参考にしてください。

自己肯定感を上げる

プライドの高い人のイラスト(女性)

自己肯定感とは、自分自身を認めてあげること。つまり、「自分自身を肯定してあげることができる感情」のことを言います。

どんな自分でも肯定してあげることで、ストレスが溜まりにくくなったり、自分にも他人にも優しく接することができるようになるので、人間関係が良好となり、人生がより豊かとなります。

自己肯定感を上げるには、ちょっとしたコツが必要となりますが特に難しいことはありません。

↓こちらの記事で詳しく解説していますのでよければ参考にしてみてください。

周りの目を気にしない

陰口・噂話のイラスト

基本的に、周りの人々はあなたのことをそれほど見てません。

あなたがよっぽど変な格好をしていたり奇声を発していたらみんな注目するでしょうが、あなたはそんなことしますか?

しませんよね?

誰も見てないのに、周りの目を気にする必要性はありません。

あなたの行動に逐一文句を言うような人がいるならば、そんなやつは「無視」で大丈夫です。

くだらない人間関係ほどあなたの人生に必要のないものはありません。

「周りの目を気にしなくてはいけない場所」というのは、「あなたの居場所じゃない」ということですよ。

無理して人に好かれようとしない

女性の買い物に付き合っている男性のイラスト

人に好かれようと、必死になっている人を見たことがありませんか?

必死で良い子ぶったり、上司に気に入られようと媚びまくったりするような人ほど周りから好かれることはありません

なぜならそういう人といると「疲れる」からです。

自然でいいんです。

自分らしくありのまま人と接してください。

無理して気に入られてもなんの意味もありません。

ありのままで存在し続けることで「本当の仲間」が手に入ります。

家賃の安い家に住む

家のイラスト

毎月の固定費を抑えれば抑えるほど精神的に楽になります。

あなたは無理をして家賃の高い綺麗な賃貸に住んでいませんか?

ちなみに我が家の家賃は23000円です。

もう少し高い賃貸であっても経済的に辛くなることはありませんが、それでも今の安くてボロいアパートに住んでいます。

これは、最悪ブログでの収益がなくなっても今住んでいるアパートであれば、しばらくは貯金で暮らして行けるからです。

この精神的安定は人生の余裕に繋がっています。なので、日々心穏やかに生活させていただいております。

毎月の固定費で、いちばん高いであろう家賃を見直せば精神的負担は激減します。

給料の半分が家賃に消えてしまっているそこのあなた。

今すぐ引っ越ししてください。

あなたは毎日仕事でほとんど家にいないんじゃないですか?

ほぼ寝るだけの家にそれだけの家賃を払う価値はありますか?

読書習慣を身につける

本を読む博士のイラスト

「本を読む」ということが最も費用対効果の高い自分への投資と言われています。

本を読むことで得た知識は必ずあなたの力となります。

漫画でもなんでもいいので「文字を読む」という習慣をつけましょう。

文字を読むことで自然と文章力は高まっていきますので、どんな本でもいいのでまずはページを開いてみましょう。

特にオススメなのが「堀江貴文」さんと「西村博之」さんの本。

彼らの本には、凡人では到底思い付かないような思考やマインドに溢れかえっております。

オススメ本を紹介した記事を貼っておきます。

これらの本を読んで得たものはあなたの「資産」となりこれからのあなたの人生に大きく作用していくことでしょう。

幸せの基準を下げて感度を上げまくる

世渡り上手のイラスト

あなたはどんなことに幸せを感じますでしょうか?

3000円のランチを食べたとき?絶世の美女とデートしたとき?それとも仕事で大成功したときですか?

確かにこれらの出来事は、非常に幸せであると言えます。

しかし普通に生活していて毎日こんなことが起こりますか?

起こりせんよね?

何不自由ない生活を営むことに慣れすぎて幸せの「基準」が上がりすぎている人が非常に多くなっていると筆者は考えています。

幸せの「基準」を下げることで、小さなことでも幸せを感じられるようにマインドチェンジしましょう。

筆者は、王将の500円のランチで十分満足ですし、むしろカップヌードルのシーフード味で十分満たされます。

いっしょに過ごす人が気の合う人であれば、絶世の美女でなくても幸せです。

仕事中にふと空を見上げて「なんか今日、あったかいなぁ」と幸せに感じます。

どうでしょうか?

筆者の幸せって毎日起こりませんか?

幸せの基準が低く、感度が非常に高いので、小さな幸せをたくさん感じることができます。

よく考えてみてください。

毎日満足に食事のできない貧しい国の子供達。

物乞いをしながら生きながらえる貧困層。

飢えに耐えきれず死んでゆく人々。

日本でこんなことありますか?

ないですよね?

少なくとも筆者は、この日本で生きていて、道端で飢え死にしている人を見たことがありません。

日本のこの時代に生まれたってだけで、自分がとても裕福で幸せ者なんだと感じることができます。

あなたはどうですか?

これを聞いても尚、まだ自分は幸せでないと感じますか?

まとめ

人生を気楽に生きる8つの方法

  1. 正社員にこだわらない
  2. ブラック企業に勤めているならいますぐやめる
  3. 自己肯定感を上げる
  4. 周りの目を気にしない
  5. 無理して人に好かれようとしない
  6. 家賃の安い家に住む
  7. 読書習慣を身につける
  8. 幸せの基準を下げて感度を上げまくる

筆者はこの「日本」でこの「時代」に生まれたことを本当に感謝しています。

たしかに仕事は辛いです。

辛いですが、仕事で大きな失敗をしたら殺されますか?

殺されませんよね?

もし殺されてしまうなら今すぐ逃げてください。

あなたの人生は、あなたが決めて前へ進んでください。

人が引いたレールの上を進むと必ず後悔します。

自分で決めた道ならば、たとえ失敗しても後悔はしません。

人生は一回きり。

もっと自由に健全な生き方をしてください。

この記事を読んで少しでも前向きな気持ちになっていただける方が居たのなら、それだけで筆者は幸せです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました