面接で聞かれる質問例|難しい質問が来ても失敗しないための心構え

面接を受ける女性 ビジネスその他
ビジネスその他

面接いやだなぁ。

どんなことを聞かれるんだろう?

面接官ってどこを見ているの?

当日が不安だから前もって準備したいけど、何をしていいのかわからない…

このような方に向けてこの記事を執筆しております。

「面接」って緊張しますよね。

できることならば面接なんてやりたくないんですけど、どこかの会社で務めたい場合には、避けては通れません。

無事に書類選考を突破したあなたに今できることは、面接に向けて準備することです。

面接とは何か?具体的にどのようなことを聞かれ、どのようなところを見られるのかを知ること。

「面接」についてしっかりと知識をつけてして準備することによって、採用される可能性を飛躍的に伸ばすことができます。

面接の目的

面接を受ける男性

面接官側の目的

あなたの書類ではわからない部分を見るためや、自社がどんなところなのか、どのような環境で仕事をしているのかを応募された方に知ってもらうため。

また、あなたが入社したとして、問題なく会社に馴染めるのかどうかを吟味するために面接をします。

面接官は、面接中の受け答えだけを見ているわけではありません。

応募者の受付での態度や、人柄などを重視して見ている場合が多いです。

面接が終わったからといって最後まで気を抜かずに、終始、丁寧な対応を心がけることが大切です。

応募側の目的

  • 自身についてしっかりとアピールするため。
  • 企業に採用してもらうため。

自分を見てもらうだけでなく、「会社がどのような環境なのか」を見に行くことも面接を受ける目的です。

  • どのような人たちが働いているのか
  • 職場環境は、良いのか
  • 自分は、そこに馴染めそうなのか

などをしっかりと見極めて冷静に判断することが大切です。

職場選びは、今後の人生に大きな影響を与えてしまいますので、慎重なぐらいがちょうどいいです。

どうしても譲れないこだわりがあるのならば、妥協せず根気よく職場を探した方が今後の人生にとっても良い場合が多いです。

面接で大切にしたいポイント

態度の悪い受験者のイラスト(就職活動)
  1. あなたの入社したいという「意欲」が面接官に伝えられているかどうか
  2. 相手に対して、わかりやすく率直なコミュニケーションが取れているか
  3. 表情や言葉使いから、相手に安心感を与えているか

あなたの入社への「意欲」が重要視されることが多いです。

面接官は、

  • 「どうしてウチの会社なんだろう」
  • 「他の会社と比べてなぜウチの会社を選んでくれたんだろう」

このように思っています。

あなたは、「その会社にしかない良いところ」を具体的に伝えることが重要となってきます。

給料や福利厚生の話ではなく、会社のビジョンや理念についてどう思っているのかなどを伝えると、より面接官に好印象をあたえることができます。

会社のビジョンや理念については、あらかじめ会社ホームページなどでしっかりと調べておくようにしておきましょう。

小さな取り組みが、大きな結果を残します。

ウェブ面接を受ける際の注意点

オンライン打ち合わせのイラスト

近年増加の一途をたどっているのが「ウェブ面接」です。

自宅でネット環境とPCまたはスマホさえあれば誰でも簡単に面接を受けることができます。

ここがポイント!
  1. 服装
  2. カメラに映る背景
  3. 音などの環境
  4. 事前の接続テスト

↑これらの事柄に注意しながら面接に挑みましょう。

服装は、ウェブ面接あってもきちんと「スーツ」で受けましょう。

たまに胸から上しか写らないからといって、適当なズボンを履く方がいらっしゃいますが、不意に立ち上がったりすることもありますので(スマホの着信が入ってしまったり、来客がきてしまったり)ズボンもきちんとスーツを履くようにしましょう。

背景にも気を配る必要があります。

背中越しに部屋干ししてある洗濯物がありませんか?生活感丸出しの背景は、面接官にとって気持ちの良いものではありません。

しっかりと整理し、できることなら何もない白い背景が好ましいです。

また、面接中にはどうしても大切な連絡があるかもしれない場合を除き、絶対にスマホは鳴らないようにしておきましょう。

時間を割いて面接をしてもらっているので、できるだけ不快感を与えないように取り組むことが大切です。

来客の場合も同じで、面接中はチャイムの音を消すようにするなどの対応が必要です。

あとは事前にビデオ通話の接続テストをすることを忘れないようにしましょう。

ここでグダグダしてしまうと、ビデオ通話もちゃんとできない人認定されてしまいますので注意が必要です。

どうしてもカメラの加減で顔が暗く写ってしまい、よく見えない状態となってしまうことがありますので、スタンドなどの明かりを自身の顔に当てるなどの対処が必要な場合もあります。

こちらも事前にテストしておきましょう。

面接で良くある質問例

ジャンル

質問事項

志望の意思

弊社へ志望動機をお聞かせください

〇〇業界を志望される理由をお聞かせください

弊社の理念や事業内容をどう思われますか?

どんな基準で会社を選んでいますか?

他にどんな会社に応募していますか?

経歴

これまでの職務経歴を説明してください

もっとも成果を発揮した場面をお話しください

業務での失敗体験があればお聞かせください

前職を退職された理由をお聞かせください

転職回数が多いようですが、なにか事情がありますか?

ブランクの期間は何をされていましたか?

マネジメント経験はありますか?

自己理解

自己紹介/自己PRをしてください

周囲の同僚などからは、どんな人だと言われますか?

あなたの性格の長所、短所を説明してください

仕事の選び方

〇〇業界での仕事の魅力は、なんだと思いますか?

入社したらどのような仕事をしたいと思いますか?

この業界の仕事をするには、何が大切だと考えていますか?

キャリア・働き方

これだけは成し遂げたいということはありますか?

5年後は、どのような仕事をしていたいですか?

「働き方改革」についてどのようにお考えですか?

繁忙期の残業や休日の勤務は可能ですか?

転勤もあり得ますが大丈夫ですか?

社会人としての考え方・自社への関心度

チームワークが作りに大切だと思うことは何だと思いますか?

クレームが起きたらどうしますか?

最近の気になるニュースはありますが?

業界の今後の課題は何だと思いますか?

弊社の事業内容を理解していますか?

弊社と同業他社の違いはどこだと思いますか?

面接ではこれらの質問に、できるだけ簡潔にわかりやすく答えられるようにしておくきましょう。

相手の「時間」を使って面接をしてもらっていることを忘れてはいけません。

ダラダラと良くわからない話をするよりも、さらっと簡潔に受け答えできる人の方が圧倒的に好印象です。

面接を受ける前にやること

外出の準備をして寝る人のイラスト

まずは身嗜みを整えるましょう。

髭をきちんと剃り、スーツの汚れを確認してシャツにアイロンをかけます。

面接の答えをできる限り用意しておき、自信をもって対応できるようにすることが大切です。

そのためにインターネットでの情報収集が、面接攻略の鍵となります。

ホームページを読み込み、そこで得た情報を交(まじ)えながら質問の返答を考えるようにすると効果的です。

面接を受ける前に会社のことをしっかりと知ることで、面接をイージーモードに変えることができます。

面接で重要なのはスキルではなく人柄

肩を貸す人のイラスト(棒人間)

面接官が人材を採用するときに一番重要視するところはなんでしょうか?

それは、「人柄」です。

面接官は、「優秀なスキルをもった横暴な人」よりも「ごく平凡な人柄の良い社交的な人」を採用します。

なぜなら、”一緒に仕事をしたい!と思えるのは後者だからである”

スキルは入社してからでも学習することができますが、性格が大きく変わることはありません。

長く一緒に同じ仕事をするのであれば、どう考えても後者が有利となります。

スキルがないからといって、求人の応募をあきらめてしまっていませんか?

「人柄の良さ」というのは、どんなスキルよりも役に立ちます。

役に立たない資格を取るよりも、まずは人柄の良さを磨くことに注力してみてください。

面接官も例外なく「人間」です。

「この人と仕事したい」と思える人を率先して採用します。

学歴も職務経歴もさほど問題ではありません。

あなたの「人柄」の良さを、ここぞとばかりに面接官に伝えてください。

そうすればたとえ狭き門であっても、意外とアッサリすり抜けることができる場合があります。

自信を持ってください。

あなたならできます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました