退職代行サービスの選び方と選ぶ際の注意点を解説!オススメは労働組合が運営する退職代行サービスです!

退職代行選び方アイキャッチ画像 退職代行サービス
退職代行サービス

退職代行サービスってなに?

どんな基準で選べばいいの?

利用するときに気をつけておくことはある?

オススメの退職代行サービスはどれ?

このような疑問にお答えします。

年々、その数を続々と増やしている「退職代行サービス」。
その数に比例して「多すぎて選べないよ…」という声も年々増加傾向にあります。

そこで今回は、退職代行サービスを選ぶ際に重要視しておきたいポイントと注意点について解説させていただこうと思います。

スポンサーリンク

退職代行サービスとは?

退職代行とは?画像

「退職代行サービス」とは、本人の代わりに代理で会社に退職の意思を伝えて退職の手続きを代行するサービスのことです。

会社を辞めたいけど言い出せない…

会社の人間関係が嫌で一刻も早く退職したい

退職の話をしたらはぐらかされる、引き留められる

入社前と話が違う

未払いの残業代や有給について交渉したい

このような悩みを持っている人がスムーズに退職できるように善処(ぜんしょ)してくれます。

すべての労働者は、民法627条により「退職の申し入れ日から2週間後には退職できる」とされているため、退職代行サービスを利用すれば100%退職可能です。

退職代行サービスの多くは、LINEやメールを使って相談・質問を受け付けており、24時間対応してくれるところがほとんどです(弁護士法人の退職代行サービスは24時間でないところが多い)。

また、弁護士法人や労働組合が運営している退職代行サービスであれば、未払金や退職金、有給休暇の請求などを代行してもらうことができます。

なかには「転職エージェント」や「人材派遣会社」と提携しており、退職後の転職サポートが受けられる退職代行サービスもあります。

s「再就職できるか不安だな…」という方は、転職サポートのある業者を選んでおくと安心です。

退職代行サービスは3種類ある

3つの退職代行サービス画像

退職代行業者の種類は下記の3種類あります。

「一般企業」が運営する退職代行サービス
「労働組合」が運営する退職代行サービス
「弁護士法人」が運営する退職代行サービス

それぞれの特徴は以下のとおりです。

「一般企業」が運営する退職代行サービス

価格相場は、20,000〜25,000円ほど。

非常に安価で利用できる反面、アナタの退職を「伝える」ことしかできず、有給の交渉や未払金の請求などを行うことができません。

弁護士でも労働組合でもない一般企業が会社に対して交渉を行ってしまうと、「非弁行為」という犯罪となってしまい、最悪の場合、依頼者もろとも罰せられてしまう可能性がありますので気をつけましょう。

「労働組合」が運営する退職代行サービス

価格相場は、25,000〜30,000円ほど。

労働組合は会社との交渉が法律で認められているため、有給の交渉や未払金の交渉を違法性なく代行してもらえます。

お値段も安価で利用できるところが多く、一般企業が運営する退職代行サービスよりも3,000〜5000円ほど高い値段設定となっています。

「弁護士法人」が運営する退職代行サービス

価格相場は、50,000〜55,000円ほど。

労働組合と同様に会社との交渉が可能で、有給の交渉や未払金の交渉を違法性なく代行してもらえます。

さらに、弁護士法人の退職代行サービスであれば、パワハラやセクハラ等の慰謝料請求といった対応が可能です。

金銭的な請求に関しては別途料金(成功報酬)が発生するため、費用面では他の退職代行サービスと比べると高くなってしまいますが、万が一のトラブルに対して法律を駆使して素早く対応してもらえるメリットがあります。

退職代行サービスの選び方・確認しておきたいポイント4つ

退職代行サービスの選び方画像

目的で選ぶ

とりあえず辞めれたらそれでいい

有給の交渉は別にいらない

未払い金の交渉は必要ない

最安値じゃないと気が済まない

といった方は、一般企業が運営している退職代行サービスがピッタリです。

安心して任せられる業者にお願いしたい

「非弁行為」にならない業者がいい

有給休暇の交渉がしたい

未払金の交渉がしたい

できるだけ安く済ませたい

といった方は、労働組合が運営する退職代行サービスをオススメします。

トラブルは絶対に発生させたくない

有給の交渉、未払金の請求がしたい

退職金の請求がしたい

労働災害保険の申請が必要

パワハラ、セクハラで慰謝料請求したい

ある程度の費用は妥協できる

といった方は、弁護士法人が運営する退職代行サービスの利用をオススメします。

利用料金

一般企業労働組合弁護士法人
価格相場20,000〜25,000円25,000〜30,000円50,000〜55,000円
会社との交渉不可
退職代行価格相場表

適切な価格帯で提供されているか?
高すぎないか?逆に、安すぎないか?

といった点を重要視して退職代行サービスを選ぶようにしましょう。

一般企業や労働組合が運営する退職代行サービスの場合は、「追加料金なし」で利用できるところがほとんどです。

対して、弁護士法人が運営する退職代行サービスは、会社に法的な請求をした場合に別途で料金が発生することもあります(成果報酬が多い)。

マサナカ
マサナカ

弁護士法人の退職代行サービスはかなり高額な利用料になるけど、未払金や退職金がもらえることによってむしろ「プラス」になる可能性を秘めているよ。

返金保証の有無

退職代行サービスの利用料金はけっして安い金額ではありません。

大切なお金を使うのだから慎重すぎるぐらいがちょうどいいです。

民法627条に「退職の申し入れ日から2週間後には退職できる」と記載されてるため、退職代行サービスを利用すれば確実に退職はできるのですが、万が一にそなえて全額返金補償がついているサービスの利用をオススメします。

また、業者によっては後払いに対応しているところもあるので、うまく活用しましょう。

弁護士が監修しているかどうか

弁護士でもなければ労働組合でもなく、そのうえ弁護士監修すらしていない退職代行業者はオススメできません。

一般企業の退職代行サービスの利用を検討される方は、最低限、顧問弁護士のマネジメント・アドバイスを受けている退職代行業者を利用するようにしましょう。

最近では「労働組合+弁護士監修」といったサービスも増えてきています(お値段もお手頃)。
法律に触れないためにも、弁護士が監修している違法性のない退職代行サービスを選ぶようにしましょう。

退職代行サービスを利用時の注意点

退職代行サービス利用時の注意点

ネットの口コミ・評判だけで判断しない

退職代行サービスを選ぶときは、ネットの口コミ・評判だけを見て判断してはいけません。
ネットで流れている情報は「操作」されている可能性を否定しきれないからです。

操作されてるってどういうこと?

マサナカ
マサナカ

そもそもの話なんだけど、ほとんどの人は基本的になにかメリットがないと口コミを書きこんだりしないんじゃないかな。

メリットって?

マサナカ
マサナカ

たとえば、口コミを書くことで「Amazonギフト券」がもらえるとか。

じゃあ、口コミが多くある退職代行サービスは、エサで釣って口コミ書いてもらってるってこと?

マサナカ
マサナカ

ないとは言い切れないね。
やたらめったら良いことばかり書かれてるサービスもよく見かけるから。

なんか信用できなくなってきた…

マサナカ
マサナカ

ネットの口コミや評判だけをみてサービスを選ぶのは危険だよ。

しっかりとどのようなサービスなのかを吟味して、メリット・デメリットを知った上で利用するようにしよう!

  • どこが運営しているのか
  • 利用料金は適正か
  • 返金保証の有無
  • 弁護士が監修しているか
  • 転職サポートはあるか

などのサービス内容をしっかりと理解したうえで、自分に合った退職代行サービスを選ぶようにしましょう。

口コミ・評判に関しては「話半分」程度に流し読みすることをオススメします。

非弁行為を行う業者に注意する

弁護士でも労働組合でもない一般企業の退職代行サービスは、会社に対して有給などの交渉することができません。

会社への交渉行為とは、下記のようなことが挙げられます。

  • 有給休暇の交渉
  • 残業代・未払金の請求
  • 退職金の請求
  • 訴訟行為(弁護士のみ対応可)

⬆︎このような交渉行為を弁護士でも労働組合でもない一般企業が行った場合は「非弁行為」となり、最悪の場合、依頼者もろとも罪に問われることがあります。

会社に対して交渉したいことがある場合は、交渉することが法律で認められている「弁護士」または「労働組合」が運営する退職代行サービスを利用するようにしましょう。

「ただ単にやめれたらそれでいいよ〜」という方でも、万が一のトラブルに備えて労働組合の退職代行サービスの利用をオススメします。

もう会社に行かなくていいように準備しておく

退職代行サービスを利用する場合、会社に出社する必要なく退職手続きを進められます。
そのため、もう会社に行かなくてもいいように事前準備しておきましょう。

  • 私物等を持ち帰る
  • 会社のモノは置いて帰る
  • 社宅に住んでいる場合は引っ越し先を確保する

あとからでも郵送などで対応できますが、できることは事前に済ませておけばよりスムーズに退職することができます。

労働組合が運営する退職代行サービスがオススメ

退職代行の画像

数多くある退職代行サービスの中で、もっともオススメなのは労働組合が運営する退職代行サービスです。

労働組合の退職代行がオススメな理由
  • 比較的安価で利用できる
  • 団体交渉権で交渉や請求まで可能
  • 未払金や退職金でむしろプラスになることもある

ひとつずつ解説します。

比較的安価で利用できる

一般企業が運営する退職代行サービスほどではありませんが、労働組合が運営する退職代行サービスは比較的安価な料金設定となっているところがほとんどです。

価格相場としては、25,000円〜30,000円ほど。

安価な利用料金で、一般企業にはできない有給の交渉や未払金の請求などを違法性なく行うことが可能です。

団体交渉権で交渉や請求まで可能

一般企業が運営する退職代行サービスは、退職を「伝える」行為のみ可能。
それ以外の交渉や請求を行うと「非弁行為」となり罰せれらてしまいます。

対して、労働組合が運営する退職代行サービスであれば団体交渉権が憲法で保障されているため、有給の交渉や未払金の請求を違法性なく代行することが可能です。

弁護士法人ではないので「慰謝料請求」はできませんが、一般法人にはできない業務を行えるのは労働組合に依頼する大きなメリットと言えるでしょう。

未払金や退職金でむしろプラスになることもある

労働組合が運営する退職代行サービスを利用することで、未払いの残業代や退職金がもらえる可能性があります。
そのため、サービス利用料よりも多くのお金が会社からもらえることも少なくありません。

退職代行を使わずに辞めた場合、自分1人では交渉できず、不当に未払金や退職金が支払われないといったケースがあります。

損してしまわないためにも今現在の自分の現状を把握し、なんらかの請求が必要となる場合は団体交渉権を持つ労働組合が運営する退職代行サービスを利用しましょう。

労働組合の退職代行ランキングトップ3!

労働組合退職代行ランキングアイキャッチ画像

1位:男の退職代行

男の退職代行サムネイル画像
サービス名男の退職代行
運営会社合同労働組合「退職代行toNEXTユニオン」
料金アルバイト・パート(社会保険未加入):19,800円(税込)
正社員:26,800円(税込)
お支払い方法銀行振込
クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
ペイパル、
コンビニ決済
楽天ペイ
PayPay(ペイペイ)
キャリア決済
ペイディー翌月後払い
全額返金保証あり
転職サポートあり
対応エリア全国
相談方法メール/LINE
営業時間24時間対応
公式サイト男の退職代行公式サイト

男の退職代行は、合同労働組合「退職代行toNEXTユニオン」が運営する安心安全の退職代行サービスです。
創業16年のノウハウを活かして、アナタを「確実」に退職へ導いてくれます。

利用料金は、アルバイト・パート(社会保険未加入)の場合:19,800円 /正社員の場合:26,800円となっています。

※男の退職代行は、男性専用のサービスとなっているため、女性の方は利用できません。

マサナカ
マサナカ

女性の方は、同じ運営元が運営している「退職代行わたしNEXT」がありますので、女性の方はそちらをご利用ください。

男の退職代行を利用すれば、毎日の辛い労働から解放され、アナタの本当に「やりたかったこと」「興味があること」に向かって再スタートすることができます。

\その辛い仕事から、即、解放!/
専門だから「確実」に辞められる!

2位:退職代行わたしNEXT

退職代行「わたしNEXT」サムネイル画像
サービス名退職代行「わたしNEXT」
運営会社合同労働組合「退職代行toNEXTユニオン」
料金アルバイト・パート(社会保険未加入):19,800円(税込)
正社員:29,800円(税込)
お支払い方法銀行振込
クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
ペイパル、
コンビニ決済
楽天ペイ
PayPay(ペイペイ)
キャリア決済
ペイディー翌月後払い
全額返金保証あり
転職サポートあり
対応エリア全国
相談方法メール/LINE
営業時間24時間365日対応
公式サイト退職代行「わたしNEXT」公式サイト

退職代行「わたしNEXT」は、女性専門の退職代行サービスです。
合同労働組合「退職代行toNEXTユニオン」が運営する安心安全の退職代行サービスで、創業16年のノウハウを活かして、アナタを「確実」に退職へ導いてくれます。

※退職代行「わたしNEXT」は、女性専用のサービスとなっているため、男性の方は利用できません。

マサナカ
マサナカ

男性の方は、同じ運営元が運営している「男の退職代行」がありますので、男性の方はそちらをご利用ください。

退職代行「わたしNEXT」を利用すれば、毎日の辛い労働から解放され、アナタの本当に「やりたかったこと」「興味があること」に向かって再スタートすることができます。

\ひとりで悩まないでください!/
その退職ストレスから、即、解放!

3位:退職代行モームリ

退職代行モームリトップページ画像
サービス名退職代行モームリ
運営会社株式会社アルバトロス
労働環境改善組合
料金正社員・契約社員:22,000円(税込)
アルバイト:12,000円(税込)
お支払い方法銀行振込
クレジットカード
全額返金保証あり
転職サポートなし
対応エリア全国
相談方法LINE/メール/電話
営業時間24時間365日いつでも対応
公式サイト退職代行モームリ公式サイト

退職代行モームリは、「労働環境改善組合」と提携している「株式会社アルバトロス」が運営する退職代行サービスです。

「株式会社アルバトロス」とは?

「株式会社アルバトロス」は、2022年2月1日に設立されたまだ新しい会社です。
主に退職代行業務・退職コンサルティング・アフィリエイトを専門として行なっています。

退職代行モームリは、まだ新しい会社が運営するサービスですが、「顧問弁護士監修×労働組合提携×株式会社の管理」のコンボで、安心安全・確実に退職業務を行なってくれます。

料金22,000円(アルバイト12,000円)と他社よりも圧倒的に安い値段設定が魅力的。
受付は24時間365日対応。

万が一、退職できなかった場合は全額返金補償がついているため、安心して利用できるサービスです。

\もう無理だと感じたら、「モームリ」へ!/
退職悩み相談0円、まずはご相談下さい!!

労働組合の退職代行ランキング比較一覧表

順位1位2位3位
サービス名男の退職代行サムネイル画像
男の退職代行
退職代行「わたしNEXT」サムネイル画像
退職代行わたしNEXT
退職代行モームリトップページ画像
退職代行モームリ
料金(税込)アルバイト・パート(社会保険未加入):19,800円(税込)
正社員:26,800円(税込)
アルバイト・パート(社会保険未加入):19,800円(税込)
正社員:29,800円(税込)
正社員・契約社員
22,000円
アルバイト
12,000円
支払い方法銀行振込
クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
ペイパル、
コンビニ決済
楽天ペイ
PayPay(ペイペイ)
キャリア決済
ペイディー翌月後払い
銀行振込
クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
ペイパル、
コンビニ決済
楽天ペイ
PayPay(ペイペイ)
キャリア決済
ペイディー翌月後払い
クレジットカード
銀行振込
相談方法メール/LINEメール/LINEメール/LINE/電話
返金保証ありありあり
転職サポートありありなし
対応時間24時間24時間24時間
公式サイト男の退職代行公式サイト退職代行「わたしNEXT」公式サイト退職代行モームリ公式サイト
労働組合の退職代行ランキング比較一覧表

まとめ

以上、この記事では退職代行サービスの選び方や確認しておくべきポイント4つに加え、サービス利用時の注意点やオススメの退職代行サービスなどを紹介させていただきました。

■退職代行サービスの選び方・確認しておきたいポイント4つ

  • 目的で選ぶ
  • 利用料金
  • 返金保証の有無
  • 弁護士が監修しているかどうか

■退職代行サービスを利用時の注意点

  • ネットの口コミ・評判だけで判断しない
  • 非弁行為を行う業者に注意する
  • もう会社に行かなくていいように準備しておく

数多くある退職代行サービスの中でも、労働組合が運営している退職代行サービスがオススメ。

比較的安価で利用できるうえに、団体交渉権が憲法で保障されているため会社との交渉や未払金などの請求も可能です。

「慰謝料請求はしないけど、有給の交渉や未払金の請求をしてほしい!」
という方にピッタリなサービス内容になっています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました