FX初心者が口座を選ぶときの重要な基準をざっくり3つ紹介!

FX初心者口座の選び方アイキャッチ画像 FX
FX

FX会社ってめちゃくちゃいっぱいありすぎって、結局どこの口座を解説したらいいのかわからなくなってしまいますよね。

FX初心者の場合だと、そもそも何を重視したら良いのかがわからないので選びようがありません。

なので、今回は、

  • 「FX会社が多すぎて、結局どこで口座開設したらいのかわかんねーよ」
  • 「どこのサイトも難しいことばっかり書いてて理解できんわかりやすく頼む」
  • 「オススメ口座の説明ばっかりされても選べないよ」

⬆︎このようなFX初心者に向けて、FX初心者が口座を選ぶときの重要な基準を3つ紹介させていただきまます。

FX初心者が口座を選ぶときの重要な基準3つ

通帳の画像
FX初心者が口座を選ぶときの基準
  • 少額から始められる
  • スプレッドが狭い
  • 電話でのサポート体制がしっかりしている

⬆︎FX初心者は、とりあえずこの3つの条件を満たしているFX口座を選びましょう。

「スワップポイントが〜」とか「取引実績が〜」とかそういうのは、いまは気にしなくて大丈夫です。

あと、海外FX口座はオススメしません。

マサナカ
マサナカ

海外不動産と同じで、海外FX口座もトラブルが絶えないのでやめておきましょう。

やたらと海外FX口座を褒めちぎっている記事をたまーに見かけますが、それはアフィリエイト報酬が欲しいがために良いことが書いてあるだけです。

中には素晴らしい海外FX口座があるかもしれませんが、国内にもっと素晴らしいFX口座があるのにわざわざリスクをおかしてまで海外FX口座を開設する必要はありません。

1:少額から始められる

FX初心者は、「少額から始められるかどうか」をいちばん重要視することをオススメします。

口座によりけりですが、基本的に1万通貨(100万円)から取引できるFX口座が一般的です。

しかし、全くのFX未経験でいきなり1万通貨(100万円)の取引は多すぎます。

初めは手堅く、1000通貨(10万円)程度の金額で取引しましょう。

FX会社によっては、1000通貨(10万円)対応のところもあれば、1通貨(100円)から取引可能なところまで存在します。

少額から始められるFX口座を開設し、しっかりとリアルなトレード体験を積んでから徐々に通貨を増やしていくことをオススメします。

2:スプレッドが狭い

スプレッドとは、直訳すると「広がり」という意味。つまり、売値(Bid)と買値(Ask)の価格差のこと。

「どゆこと?」って感じだと思いますが、つまり、取引するときにかかる手数料のことです。

このスプレッドの数字が小さければ小さいほど良い感じだと覚えてください。

通貨ペアスプレッド
ドル/円(USD/JPY)0.2銭
ユーロ/円(EUR/JPY)0.5銭
ポンド/円(GBP/JPY)1.0銭
豪ドル/円(AUD/JPY)0.7銭
NZドル/円(NZD/JPY)1.2銭
一般的なスプレッド一覧

初心者の間は、ドル/円で取引するのが多くなるかと思うので、ドル/円のスプレッドが狭いFX会社を選ぶようにしましょう。

3:電話でのサポート体制がしっかりしている

FXをやっていると、わからないことや困ったことなどが次々と出てくるかと思います。

そんなときに、電話での質疑応答がしっかりしている口座を選んでおけば、営業時間であればいつでも気軽に相談することができます。

フリーダイヤルを用意してくれているところであれば、通話料無料でたっぷり質問できるのでオススメです。

FX初心者にオススメのFX口座はこれだ!

FX初心者に超オススメなFX口座は、「松井FX」「みんなのFX」の二つです。

どちらも少額からFXを始められ、取引コストが安く、電話(フリーダイヤル)でのサポートも充実しているので、初心者でも安心してFXを始めることができます。

⬇︎もっと詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

まとめ

今回は、”FX初心者が口座を選ぶときの重要な基準3つ”というテーマでお話しさせていただきました。

FX初心者が口座を選ぶときの基準
  • 少額から始められる
  • スプレッドが狭い
  • 電話でのサポート体制がしっかりしている

初心者の場合は、あれこれ悩まずに、とりあえず口座開設して使ってみることをオススメします。

”何事もやってみなければわかりません”

FX口座においても同じで、とりあえず口座開設して使ってみなければ、細かく理解することは不可能です。

”百聞は一見にしかず”

FXを始めたい!という気持ちが少しでもあるのであれば、考える前に行動し、自分の肌身で感じながら覚えていくのが最短で結果を残す唯一の方法です。

”あなたならできる!”

プロトレーダーへの第一歩は、いまこの瞬間から始まるのです。

⬇︎こちらのリンクから公式サイトへ移動できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました