【レビュー】GBC『ロックマンX2 ソウルイレイザー』スピーディーで爽快なアクションを楽しむことができるゲームボーイの良作ソフト!

GBロックマンX2 ソウルイレイザーアイキャッチ画像 ゲームボーイ
ゲームボーイ

こんにちは!マサナカ(@masanaka0375)です!

今回は、2001年にカプコンから発売されたゲームボーイカラー専用ソフト『ロックマンX2 ソウルイレイザー』のレビュー記事を書かせていただきます。

作品情報
タイトルロックマンX2 ソウルイレイザー
ジャンルアクション
ハードゲームボーイカラー専用(GBC)
開発元カプコン
バリューウェーブ
発売元カプコン
発売日2001年7月19日
定価4,179円

ロックマンX2 ソウルイレイザーは、ゲームボーイカラー専用ソフトとなっているので、

ゲームボーイカラー・ゲームボーイアドバンス・ゲームボーイアドバンスSP・ゲームボーイプレーヤー(ゲームキューブの周辺機器)の4機種で遊ぶことができます。

SFCの『X1〜3』のあらゆる要素を組み合わせつつゲームボーイカラー用に移植された作品。

スピーディーなアクションが特徴的で、テンポの良い爽快なアクションを楽しむことができるゲームソフトでした。

難易度がかなり高いので、攻略情報なしでプレイするとなるとかなり苦戦するかと思われます。

少々バグの多い作品ですが、アクションゲームとしてのクオリティーは高く、ボリューミーな内容なので、非常に長く遊ぶことができる作品です。

ここからは、『ロックマンX2 ソウルイレイザー』の良かったところ・悪かったところを解説していきます。

良かったところ

  • 『エックス』と『ゼロ』の両方を操作できる
  • オートセーブの高速化
  • パーツ交換で能力アップ
  • GB最強クラスのグラフィック

上記の点が、ロックマンX2 ソウルイレイザーの良かったところです。

ひとつずつ解説します。

『エックス』と『ゼロ』の両方を操作できる

GBロックマンX2 ソウルイレイザープレイ画像1

ロックマンX2 ソウルイレイザーは、エックスだけでなく、相棒的存在の『ゼロ』を操作することができます。

ゼロは、初めから使えるわけではなく、『エックスミッション』をクリアすることで出現する『ゼロミッション』で使用することができるようになります。

エックスとはまた違ったアクション性が特徴的で、通常武器が近距離攻撃となっているので、エックスと比べるとダメージを受けやすくなっている点から、実質ゼロミッションは『ハードモード』的な位置付けとなっています。

さらにエックスミッション・ゼロミッション両方をクリアする(もしくはショップで購入する)と『エクストリームモード』で遊ぶことができるようになります。

エクストリームモードでは、エックスとゼロを自由に切り替えながら攻略できるのが特徴で、かなり高難易度となっています。

エクストリームモードまでクリアしようと思うとかなり長時間遊ぶことができるので、ボリュームは満点。

ゲームボーイソフトながらも、内容は濃く、じっくりと長く楽しむことのできる良作だといえます。

オートセーブの高速化

GBロックマンX2 ソウルイレイザープレイ画像2

前作では、リトライポイント通過(オートセーブ)のたびに数秒間停止してしまうために、テンポの悪さを感じてしまいましたが、本作では、待ち時間なくオートセーブできるように改善されていました。

小さな変化ですが、スピード感のある爽快なアクションが売りのゲームソフトなので、テンポよくプレイできる環境になったというのは、プレイヤーにとって嬉しい変化です。

全体的に難易度が高いステージが多いのですが、多めに配置されているリトライポイントのおかげで、うまくゲームバランスが取れているように感じました。

こまめにセーブをしてくれるので、いつでもどこでもプレイできる携帯ゲーム機との相性が良く、ちょっとした空き時間でもプレイできるゲーム環境となっている点も非常に良いです。

パーツ交換で能力アップ

GBロックマンX2 ソウルイレイザープレイ画像3

ロックマンX2 ソウルイレイザーでは、ステージ選択画面から行くことができるショップで、エックスとゼロの能力を強化するパーツを購入することができます。

通常武器の強化パーツや武器エネルギーの消費を半分にしてくれるパーツなど、さまざまな効果を持つパーツの組み合わせを試行錯誤しながら攻略していくところが非常に面白いなと感じました。

ロックバスター(エックスバスター?)の強化パーツが強すぎて若干バランスブレイカーになってしまっている感はありますが、全体的に高難易度なゲームソフトなので、救済措置としての役割も担っているのではないかと筆者は考察しています。

GB最強クラスのグラフィック

GBロックマンX2 ソウルイレイザープレイ画像4

ゲームスタート時や途中の会話シーンでは、小さな画面いっぱいに高クオリティーなグラフィックが描き込まれています。

カラー専用ソフトというだけあって色合いも鮮やかで、いまにも動き出しそうなほどリアルなキャラクター達が臨場感を高めてくれます。

悪かったところ

  • ライフアップアイテムのバグ
  • ソウルが溜まりにくい

上記の点が、ロックマンX2 ソウルイレイザーの悪かったところです。

ひとつずつ解説します。

ライフアップアイテムのバグ

GBロックマンX2 ソウルイレイザープレイ画像5

ロックマンX2 ソウルイレイザーには、ライフの上限を上げてくれるアイテム『ライフアップ』に致命的なバグが残されています。

そのバグというのは、ライフアップアイテムを入手した状態でライフが0になって残機が減ると、ライフアップアイテムを入手していないことになり、さらに再入手できなくなってしまうというものです。

攻略する上でかなり重要なアイテムなので、このバグはかなり致命的です。

ライフアップアイテムを入手してから、リトライポイントまで無事に行くことができれば問題ないのですが、全体的に高難易度なステージが多いのでそうカンタンにはいきません。

バグの安全な回避方法は、

  • あえてライフアップアイテムを取らずにステージをクリアする
  • 再度ステージに入ってライフアップアイテムを取る
  • すぐにメニューを開いて『EXIT』を選んでステージ選択画面に戻る

↑この方法で入手すれば、バグを回避しつつライフアップアイテムを安全に入手することができるのですが、ただの2度手間となってしまうので、大きなマイナス点となってしまいます。

非常に面白いゲームソフトなだけに、このようなバグが残念でなりません。。。

ソウルが溜まりにくい

GBロックマンX2 ソウルイレイザープレイ画像6

『ソウル』というのは、ドラクエでいうところの『ゴールド』みたいなもので、ショップでお買い物をするときに消費するアイテムなのですが、これがなかなか溜まりにくい仕様となっています。

一応、ソウル稼ぎができるステージがあるにはあるのですが、効率が良いかと言われればそうでもなく、途中でだれてしまう可能性が高いです。

ショップで売っているパーツなども、けっして安い値段ではないのでもう少しソウルが溜まりやすい仕様にしてほしかったなと感じました。

レベル上げのようなコツコツと同じことを繰り返すのが得意な人は問題ないかと思いますが、筆者のような飽き性にはソウル稼ぎのような作業感のあるプレイは、ストレスでしかありませんでした。

まとめ

100点満点中【70点】

スピード感あふれる爽快なアクションが特徴的な、ボリューミーで長く楽しめる良作でした。

歯応え抜群でやりごたえのあるゲームバランスなので、アクションゲームが得意な人にオススメしたい作品です。

いまなら、ゲームボーイカラー実機でプレイしなくても3dsで遊ぶことができるダウンロード版が配信されているので、新しいハードで手軽に楽しむことができます。

↓こちらから購入することができます。

ということで、今回はゲームボーイカラー専用ソフト『ロックマンX2 ソウルイレイザー』のレビュー記事でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました