スポンサーリンク

【レビュー】FC『忍者龍剣伝3 黄泉の方舟』最高傑作!?歯応えはそこまでないが非常に完成度の高い良作!

忍者龍剣伝3アイキャッチ画像レトロゲーム
レトロゲーム

こんにちは!マサナカ(@masanaka0375)です!

今回は、ファミコンソフト「忍者龍剣伝3 黄泉の方舟」をプレイした感想や、良かったところ、悪かったところを紹介させていただきます。

主人公「リュウ・ハヤブサ」を操作して、敵を倒しながら突き進んでいく横スクロールアクションゲーム。

過去作である忍者龍剣伝1・2と比較すると、かなり難易度が下がっています。

高難度すぎて忍者龍剣伝シリーズに嫌悪感を抱いている人でも、「忍者龍剣伝の入門編」としてガッツリと楽しめる作品です。

個人的には過去作と比べて、本作の忍者龍剣伝3がいちばん面白かったです。

グラフィック・BGM・ゲームバランスどれをとっても、ファミコン最高クラスのゲームソフトでした。

老若男女問わず、幅広い層にオススメできる作品です。

スポンサーリンク

作品情報

忍者龍剣伝3アイキャッチ画像
作品情報
タイトル忍者龍剣伝3 黄泉の方舟
ジャンルアクション
ハードファミリーコンピューター(FC)
開発元テクモ
発売元テクモ
発売日1991年6月21日
定価6,200円

ファミコンソフト忍者龍剣伝3部作の最終作になります。

物語は忍者龍剣伝1と2の間のお話。

過去作は横スクロールのみでしたが、忍者龍剣伝3では、縦スクロールと強制スクロールが実装されました。

かなりSFちっくな世界観になっていて、敵もメカやロボットのようなものばかりになっています。

過去作とは違った、新鮮な雰囲気が楽しめる作品にです。

あらすじ

邪鬼王が倒されてから半年後、「リュウ・ハヤブサの手にかかりアイリーンが殺された」という情報が流れた。

指名手配犯となったリュウはアイリーンが生前に調査していた研究所に辿り着き嫌疑を払拭する為、アイリーンの復讐の為に研究所へ潜入する。

忍者龍剣伝3 黄泉の方舟の特徴

  • ライフ制で16メモリライフがある
  • 残機制で無限にコンティニューできる
  • 過去作と比べて忍術が増えている
  • ジャンプが「ふわっ」とした感じになったので落下しにくくなった
  • アイテムの中身が見えるようになった
  • 攻撃した時に「はっ!」というボイスがついている

良かったところ

  • ちょうどいい難易度
  • アイテムの中身を確認できるのがありがたい
  • 忍術を乱発しても頻繁に回復アイテムがでる
  • 敵の無限復活がなくなった
  • ノックバックが少なくなった

上記の点が、忍者龍剣伝3の良かったところです。

ひとつずつ解説します。

ちょうどいい難易度

過去作の反省点であった”高すぎる難易度”をこれでもか!と下げてくれているため、サクサク攻略することができました。

あくまでも「過去作と比べて」なので、難しいことに変わりはありません。コンティニューを繰り返すステージも多々ありますので、プレイするにはそれなりの覚悟が必要です。

忍者龍剣伝3から「パスワード」が実装され、途中から再開することが可能になりました。

数々のファミコンプレイヤーの心をへし折ってきたシリーズの作品とは思えない気の利きようですよね…。

アイテムの中身を確認できる

忍者龍剣伝3では、アイテムの中身が攻撃しなくても目視でわかるようになりました。

このおかげで、「アイテム全部取らないと気が済まない症候群」以外の人は、必要ないアイテムをスルーして進むことができるようになったので、ゲームプレイがかなり快適になりました。

こういったゲーム性の向上が、さらにゲーム体験を面白くしてくれています。

忍術を乱発しても頻繁に回復アイテムがでる

忍術を使いまくっているとすぐに忍術ポイントがなくなってしまって忍術が使えなくなってしまうのですが、忍者龍剣伝3では、忍術を使いまくっていたとしても割と頻繁に忍術ポイント回復アイテムがでてくるので気にせずに使いまくることができました。

忍術なしでは突破できないような場面も多々あるので、こういった優しさがゲームプレイを快適にしてくれます。

敵の無限復活がなくなった

過去作では、敵出現場所に立っていると、その敵をなんど倒しても無限に復活していたのですが、忍者龍剣伝3では、出てきた敵を一度倒すと復活しなくなりました。

そのおかげで、理不尽な集団リンチをうける可能性がグッと減り、イライラすることなく楽しくプレイすることができます。

ノックバックが少なくなった

『敵からのダメージを受ける→ノックバックする→転落死』というテンプレパターンが忍者龍剣伝のお決まりでしたが、忍者龍剣伝3では、このノックバックがかなり少なくなったため、転落死することが激減しました。

過去作の不満点をことごとく改善した「忍者龍剣伝の決定版」といっても過言ではない良作となっています。

悪かったところ

忍者龍剣伝3をプレイして残念だなぁと思ったところは、

「ボスが弱すぎる!」

忍者龍剣伝3に出てくるボスは、ほとんど動きが単調で、避けやすい攻撃をしかけてくるたいしたことないヤツらでした。

全ステージの中で、苦戦したボスといえばラスボスぐらいなものです。

ステージ攻略が面白い分、そこまで白熱しないボス戦にはちょっとだけ物足りなさを感じました。

まとめ

100点満点中【90点】

忍者龍剣伝3は、鬼畜要素がなく、ほどよいゲームバランスに仕上がっているため、アクションゲームがあまり得意でない人にでも自信を持ってオススメできる作品です。

賛否両論ある作品ですが、アクションゲームとしてこれほど面白いファミコンソフトは他にないと思います。

筆者お気に入りのファミコンソフトの一つです。

今回は、ファミコンの超骨太ゲーム第3弾「忍者龍剣伝3 黄泉の方舟」のレビュー記事でした!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました