クラウドワークスは稼げない?スキルのない人が継続的に稼ぐのは非常に難しい

デスクにパソコン ビジネス
ビジネス
本記事の内容
  • クラウドワークスで少しでも稼げるようになるために出来ること
  • クラウドワークスで稼ぐためにあると心強いスキル
  • 雇われている方がラクなのではないだろうか?

クラウドワークスって本当に稼げるの?

YouTubeとかでなんかめっちゃ稼げるとか聞いたけど本当かな?

なんか怪しいけど、、、

”結論、クラウドワークスで稼ぐのはめちゃめちゃ難しいです”

初速でいくらか稼げることはあっても、継続的に案件を取得して稼ぎ続けるのはきわめて困難です。

「誰でもカンタンに月30万!」「プログラミングでカンタンに稼げました!」系の広告に騙されてはいけません。

その広告主は、「稼げないから広告を出している」ということを忘れないようにしておきましょう。

お金を稼ぐということは、けっしてカンタンなことではありません。

マサナカ
マサナカ

「クラウドワークスだから稼げる」なんてそんな甘いものではなく、向き不向きはあるかと思いますが、会社員として雇われている方がカンタンに稼げます。

スポンサーリンク

専門的なスキルのない人は、クラウドワークスで稼ぐのは難しい

パソコンに文句を言っている人のイラスト

結論、専門的なスキルのない人は、クラウドワークスで稼ぐのはかなり難しいです。

誰でも簡単にできてそこそこな報酬を貰える案件には、多くの応募が集まる傾向にあるため、倍率が高すぎて案件を一つ取るだけでも至難の技です。

高すぎる倍率からスキルのない人が継続的に仕事を取っていくのは、ほぼ不可能と考えていいでしょう。

近年、クラウドワークス利用者がドシドシ増えている傾向にあるので、今後はさらに案件取得が難しくなることが予想されます。

マサナカ
マサナカ

仕事を発注するクライアントも増えてきていますが、需要と供給のバランスが取れる保証はありません。

クラウドワークスだけで生活できる人はほんの一握りです。

そんな人たちも、日々、切磋琢磨してしのぎを削っているのです。

どうすればクラウドワークスで稼げるようになる?

パソコンをする男性の画像

クラウドワークスでは、個人の評価システムがあり、仕事を完了してときに自分の評価を貰うことができます。

まずは、稼ぐことに執着せず、安くてもいいので数をこなして実績を作っていくことが重要です。

少しずつ信頼を積み重ねていくことでクライアント側に自分の能力をアピールすることができます。

マサナカ
マサナカ

信頼さえあれば次の案件獲得に有利となり、徐々にではありますが稼ぐことができるようになる可能性が高くなります。

クラウドワークスを始める前に、身につけておくと有利なスキル

専門的なスキルを持っていれば、ニッチな案件を狙って仕事を安定的に取ることが可能です。

プログラミング

プログラミングができれば、向こう数十年は仕事には困らなくなると言われています。

クラウドワークスでもプログラミングに関する案件はたくさんあり、十分なスキルさえあれば稼ぎ続けることが可能です。

プログラミングのスキルを身につけたい場合は、プログラミングスクールに通うのがいちばん手っ取り早くて合理的。

受講料は決して安くはありませんが、プログラミングのスキルは人生の選択支を大幅に増やしてくれますので、学んでおいて損することは一切ありません。

Webライティング

クラウドワークスには、記事作成の案件も多く存在します。webライティングのスキルさえあれば仕事に溢(あぶ)れることもありません。
カンタンではありませんが、全くの未経験からでも稼ぐチャンスは必ずあります。

普段から読書をする習慣がある人は、ライティングの仕事をする上で非常に有利です(というかライティングの仕事をしている人で、読書しない人を見たことがありません)。

読書が好きな人は日頃からさまざまな本を読むことによって、実際に自分が読み手として感じた多くの経験・体験を活かし、読者が「読みやすい」と感じる記事作成ができるようになります。

「なんか、よくわからんけど、とりあえずライティング学べる本とかないの?」って人は、マンガ形式で読みやすく、初心者でも理解しやすくまとまっている「沈黙のwebライティング」をオススメします。

マンガといえどもきわめてクオリティーが高く、じっくりと熟読することで、Webライティングの基礎から応用までガッツリと学べる一冊となっています。

クラウドワークスで案件を取るよりも、会社に雇われている方が楽かもしれない

ごろごろする会社員のイラスト(男性)

クラウドワークスで継続して案件を取り続けるのは、きわめて難しいと言わざるを得ません。

対して、会社員として勤めていれば、どんな雇用形態であれ仕事をすれば必ず賃金が支払われます。

たとえ、会社の経営が傾いてアナタの給料が増減することがあっても「ゼロ」になることは絶対にありません(リストラされるリスクはありますが)。

会社員とは、多くの時間を会社に捧げることによって、揺るぎない「安定」を手にすることができます。

しかし、クラウドワークスの場合、そうカンタンに稼ぎ続けることはできません。

「完全なる出来高制」であるクラウドワークスでは、多くの優秀なフリーランスたちとしのぎを削りながら日々、案件をこなしていく必要があります。

「時給制」ではないので、1時間だらだら過ごせば「時給0円」です。

さらに、フリーランスとして仕事をすれば、確定申告といった事務仕事もすべて自分でやらなくてはなりません。

会社勤めをしていれば毎年、年末調整を会社がしてくれるので基本的に確定申告をやらなくていいのでとっても楽です。

フリーランスとして活躍している人がラクそうに見えるかもしれませんが、実際は多くの苦難を乗り越えながら必死で仕事をしていらっしゃる人ばかりです。

会社で雇われるのは、時として残酷で苦々しいときもあります。
ですが、毎日会社で仕事をさせてもらえることのありがたさを忘れてはいけません。

近年、フリーランスとして活躍している人は増えました。

しかし、それはフリーランスが楽だから増えたのではありません。

ただ単に「働き方」が変わってきているだけのことなのです。

無理してフリーランスにならなくても、自分の居心地のいい場所でストレスなく生きていく方がよっぽど人生豊かに生きていくことができます。

アナタにはアナタの生き方があるということを忘れてはいけません。

アナタが本当に居心地がいい場所はどこですか?

アナタが本当に感謝し、大切にするべきモノは、「会社」ではありませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました