【レビュー】GB『魂斗羅スピリッツ』銃を乱射しながらせまりくる恐怖を打ち砕くアクショシューティングゲーム!

魂斗羅スピリッツGBアイキャッチ画像 ゲームボーイ
ゲームボーイ

こんにちは!マサナカ(@masanaka0375)です!

今回は、ゲームボーイソフト「魂斗羅スピリッツ(GB)」をエンディングまでプレイしましたので、プレイ後の感想や、良かったところ、悪かったところなどを紹介したいと思います。

スーパーファミコン版と比較されて劣化版だのなんだの言われていますが、ゲームボーイソフトとしては、かなり面白い作品となっています。

前作のゲームボーイソフトである初代「コントラ(GB)」より大幅にパワーアップしているので、飽きることなく最後まで楽しくプレイすることができます。

作品情報

魂斗羅スピリッツGBタイトル画像
作品情報
タイトル魂斗羅スピリッツ
ジャンルアクションシューティング
ハードゲームボーイ(GB)
開発元Factor 5
発売元コナミ
発売日1994年9月23日
定価3,800円

スーパーファミコンで大ヒットした「魂斗羅スピリッツ」をゲームボーイに移植した作品です。

移植するにあたってさまざまなシステムが削除されてしまいましたが、いつでもどこでもプレイできるというゲームボーイならではの面白さがうまくカバーできているなという印象を受けました。

そもそもスーパーファミコンとゲームボーイには、大きな性能差があるので比較対象にならないと思うんですよね。

良かったところ

  • 派手で硬派なシューティングアクションが楽しめる
  • 難易度設定ができる
  • パスワードで復帰できる
  • オープニングデモが熱い

上記の点が、魂斗羅スピリッツ(GB)の良かったところです。

ひとつずつ解説します。

派手で硬派なシューティングアクションが楽しめる

魂斗羅スピリッツGBプレイ画像2

魂斗羅スピリッツ(GB)では、シンプルな操作性ながらもド派手で漢らしく最高に熱いシューティングアクションを楽しむことができます。

ゲームボーイという小さな画面の中を縦横無尽に暴れ回る主人公ビルのその姿はまさに「魂斗羅」と呼ぶに相応しい。

迫り来る敵を次々と打ち倒していく爽快感と難しいステージを乗り越えた時の達成感は、魂斗羅スピリッツならではのものであると言えます。

魂斗羅スピリッツ(GB)で追加された『ボム』の存在もありがたく、敵に四方八方を塞がれてしまったときに使うことで画面全体を一網打尽にできる頼れるアイテムである。

ただ単純に銃を連射しながら突き進んでいるだけで爽快なアクションを携帯ゲーム機で心ゆくまで楽しむことができる良作です。

難易度設定できる

前作にはなかったシステムで、魂斗羅スピリッツ(GB)ではオプションで難易度を「EASY・MORMAL・HARD・ MANIAC」の4段階で変更することができるので、初心者から達人まで楽しむことができるようになっています。

前作のコントラ(GB)では、難易度を変更することができなかったので、物足りなさを感じてしまいましたが、魂斗羅スピリッツ(GB)ではガッツリと高難易度を楽しむことができます。

パスワードで復帰できる

ステージをクリアした時に表示されるローマ字4桁のパスワードを入力することで、ゲームを途中から再開することができます。

他のゲームのような複雑なパスワードではないので、覚えやすく、メモの取り間違いなどのリスクも低くなっています。

オープニングデモが熱い

魂斗羅スピリッツGBオープニングデモ

ゲームボーイという小さなハードですが、非常に漢らしく熱いオープニングデモを堪能することができます。

「Let’s strike back!(反撃するぞ!)」

仕返しをすることが必ずしも正しいとは限りませんが、男にはどうしても立ち上がらなくてはならないときがあるんだと筆者は考察します。

悪かったところ

魂斗羅スピリッツ(GB)の悪かったところというか、もう少しボリューム感があるととかったなと感じました。

前作と同じ全5ステージ構成で、それぞれのステージが長くないのであっという間に終わってしまいました。

難易度を変更することで繰り返し遊ぶことができるのですが、やり込み要素などはないのですぐに飽きがきてしまう可能性があります。

まとめ

100点満点中【80点】

ゲームボーイ作品といえど完成度は高く、ゲームシステムも親切で最高難易度であってもなんとかクリアできるちょうどいいゲームバランスになっていて楽しかった。

時間が経つとなぜかもう一度やりたくなってしまうような中毒性のあるゲームソフト。

スーパーファミコン版と比較されて低評価がつきがちな今作ですが、ゲームボーイ作品として見れば他のゲームよりも熱く、楽しいゲーム体験ができる良作となっているのでオススメできる作品です。

今回は、ゲームボーイソフト「魂斗羅スピリッツ(GB)」のレビュー記事を書かせていただきました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました