Amazonの返品方法をわかりやすく解説します!

Amazonアプリを開いているスマートフォン ライフスタイル
ライフスタイル
本記事の内容
  • Amazonで買った商品の返品方法を写真付きで詳しく解説
  • 返品するにあたっての注意点
スポンサーリンク

Amazonはほとんどの商品が開封済みでも返品可能

Amazonでは、一部例外をのぞきほとんどの商品が返品可能です(コンタクトレンズは返品できませんでした)。

開封済みだと返品できないというイメージがありますがAmazonの場合は開封済みでも返品できます。

Amazonの返品条件に購入してから30日以内までという期間がありますのでそれを過ぎてしまうと返品はできません。

注意して欲しいのが、簡単に返品できる商品というのは注文するときに「prime」のマークついている商品の場合を指しています。

つまり、Amazonプライム対象商品である必要があります。

Amazonプライム表記画像

Amazonプライムの商品に関しては、自己都合でなければ、ほぼほぼ返品を受け付けてくれます。

注文し間違えたなど、自分に非がある場合であっても(この場合は返送料を購入者が負担)商品の返品を受け付けてくれます。

Amazonマケプレ画像

⇧逆にこのような表記のある商品は、Amazonプライム対象外の商品(マーケットプレイス商品)なので、返品申請をするときに、「出品者本人が直接お客様と返品を受け付けるかどうかのやりとり」をします(prime対象商品に関しては、おそらく自動で返品を受け付けているっぽい)。

購入者は、出品者と、

  • 商品のどこに問題があるのか?
  • 返送料はどちらが払うのか?
  • どういった形で返金するのか?
  • そもそも返品を受け付けるのかどうか?

このようなやりとりを直接しなくてはいけません。

つまり、時間の無駄です。

出品者が返品を却下したとしても、強制的に全額返金してもらえる方法(マーケットプレイス申請)もありますが、少々リスクが高いのでオススメしません。

Amazonプライム対象商品の方が若干金額が高い場合がありますが、返品の対応や発送の速さなどから見ても一般のマーケットプレイス出品者から購入するよりも安心してサービスを利用できるのでオススメです。

Amazonプライムで購入した商品を返品する方法

画像を使いながら少しづつゆっくりと解説しますので一つずつ確認しながら操作してください。

1:まずはAmazonアプリを開きます。

Amazonアイコン画像

2:右下の赤いところをタップします。

Amazon返品手順画像

3:このような画面になるので「注文履歴」をタップします。

Amazon返品手順画像

4:今回はこちらのMacBook用のキーボードカバーを返品しようと思います。赤いところをタップ。

Amazon返品手順画像

5:「返品商品」をタップ

Amazon返品手順画像

6:するとこのような画面になりますので、返品の理由を選択します。

Amazon返品手順画像

※ここで気をつけて欲しいのが、「自己都合」による返品は返送料が購入者負担になります。

自己都合というのは、

  • 間違えて注文した
  • 都合により必要がなくなった

などがあげられます。

逆に自己都合でないパターンは、

  • 商品に不具合または損傷がある
  • 注文した覚えがない
  • サイト上の説明と違った

などがあげられます。

7:今回は「商品に不具合または損傷がある」を選択することにしました。
次へ進むをタップします。

Amazon返品手順画像

8:このような画面になりますので、赤いところに具体的な返品理由を記入して次に進むをタップします。たとえば、衣服とかであれば「ボタンが一つ外れていた」「縫い目が破けている」といった感じで大丈夫です。

Amazon返品手順画像

9:ここでは、商品代金の返金方法を選択します。
今回は、「クレジットカードへ返金」を選択します。

Amazon返品手順画像

amazonギフト券で返金するのか、購入したときに使ったクレジットカードへ直接返金するのかを選びましょう。

amazonギフト券であれば商品を返送して受領されればすぐに返金されますが、クレジットカードの場合遅くなる場合があります。

遅いといっても3〜4日程度で返金されているパターンが多いです。

クレジットカードの締め日がちょうど重なってしまったとしても、翌月分できちんと返金されますので安心してください。

「コンビニ支払い」の場合は、amazonギフト券で返金されます。

10:この画面では、返送方法について選択します。
今回は、「以下の方法で返送する」を選択します。
この「以下の方法で返送する」を選択すると、購入者の都合の良い方法で返送することができます。
郵便局を使ってもいいしヤマト運輸を使っても大丈夫です。

Amazon返品手順画像

荷物を返送する時は、着払いで送ったらいいの?元払いで送ったらいいの?

☑️返品理由が自己都合でない場合⇨着払い

☑️返品理由が自己都合の場合⇨元払い

で返送する事をオススメします。

自己都合でない場合は、返送料をアマゾン側が負担してくれるので、着払いで送っても大丈夫です。

自己都合の場合は、着払いで返送することも可能ですが、着払いで返送すると返金される予定金額から送料を差し引かれた金額が返金されるようになってます。

例えば、1000円程度の商品を返品する場合であれば、宅急便やゆうパックなどの追跡や補償のついたサービスで送ってしまうと、送料が高くなってしまうので返金される金額が非常に少なくなってしまいます。

このような場合ですと、普通郵便の定形外やレターパックなどを利用した方が、安くつく場合があります。

よって自己都合の場合は、元払いを選択して、一番安い方法で返送しましょう。

11:このような画面になりますので、返金金額を確認の上、「返金手続きを開始」をタップしましょう。するとアナタのメールアドレスにアマゾンからメールが届きます。

Amazon返品手順画像

12:このようなメールが届くので、赤いところをタップしてください。

Amazon返品手順画像

13:画面が開いたら下へスワイプしてください。

Amazon返品手順画像

14:するとこのような画面が現れますので、この部分をコピー機で印刷します。

Amazon返品手順画像

15:コピー機がない場合は、バーコード付近に12桁の英数字が書かれていますのでこの英数字を適当な紙に手書きで記入してください。

Amazon返品手順画像

16:今回はコピー機でコピーしました。
この用紙をハサミでカットします。

Amazon返品手順画像

17:このように住所・バーコード・12桁の英数字があることを確認してください。

Amazon返品手順画像

18:用紙に書かれている住所をラベルに記入します。
今回は、自己都合での返品ではないのでヤマト運輸の着払いで返送します。

Amazon返品手順画像

19:あとは返品する商品をできるだけ届いたときの状態にもどして

Amazon返品手順画像

20:今回は、この荷物が届いたときの箱がなかったので、押し入れに入っていた茶封筒に入れようと思います。

Amazon返品手順画像

21:封筒にいれて

Amazon返品手順画像

22:先程の用紙とヤマト運輸着払いのラベルを貼り付けます。
あとは、ヤマト運輸の営業所に持ち込むか、コンビニにもちこむか、集荷に来てもらうか自由です。
返品の手順は以上です。
おつかれさまでした!

Amazon返品手順画像

Amazonで返品すると、だいたい3〜5日ほどで返金される

返金方法にもよりますが、クレジットカードへ直接返金してもらう場合は、Amazonで返品した商品が、返送先に届いてからだいたい3〜5日程度で返金されることが多いです。

amazonギフト券での返金の場合はさらに早く返金してくれます。

返品しすぎるとアカウント削除の危険性があるので注意!

これほど簡単に返品をできてしまうAmazonですが、あまり調子に乗って返品しまくっていると「アカウント削除」されてしまう可能性があります。

アカウント削除の基準はかなり曖昧で、

  • 10個中9個返品したらアカウント削除された。
  • 5個中3個でアカウント削除された。

などさまざまです。

筆者は、だいたいAmazonで商品を購入すれば5〜6個に1つぐらいのペースで返品しておりますが、今のところアカウント削除される気配はありません。

もしかしたら、アマゾンプライム会員なのかそうでないかでも違ってくるのかもしれません。

ちなみに筆者はプライム会員で年会費を払っております。

なんでもかんでも返品することはリスクが高いので、返品前提での購入はあまり良くないように思われます。

節度を守ってネットショッピングを楽しみましょう。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました