無職で生きる方法を解説!人生の「無駄」を取り除いて、心の平和を取り戻す!

無職で生きるサムネイル ライフスタイル

働きたくない!!!

贅沢をしなくてもいいから無職で生きていきたい!!!

おれは仕事をするために生まれてきたんじゃねーんだよ!!!

そんな人に届いて欲しいと願って書いた記事です!

仕事に追われる日々を過ごしているうちに、”一体何のために生きているのかわからなくなってしまった人”に向けて「無職で生きる方法」をご紹介させていただきます。

マサナカ
マサナカ

無職歴3年の筆者が、無職で生きる方法をお教えします!

(ブログ歴4年。ブログの収益と、たまーにやるアルバイトで生計を立ててます。)

無職になりたいけど、仕事を辞めた後どうやって生きていけばいいかわからない人の道標になれば幸いです。

本記事の内容
  1. 無職で生きる方法を解説
  2. 仕事に疲れ切っている人の逃げ道
  3. 無職でも生きていくための節約術

※単身の方向けの記事となっております。家族を養っていらっしゃる方は、会社勤めされた方が無難です。

今回、紹介する「無職で生きる方法」というのは、全く労働もせずに生きていくという意味ではありません。

月々の出費を抑えることで、仕事をする時間をできる限り少なくする方法です。

月5万円ほどのお金でやりくりする方法をマスターしてしまえば、月に数回程度アルバイトするだけでも生きていくことができます。

できるだけ月々の出費をおさえて、仕事に使う時間を減らし、自分の自由な時間を取り戻しましょう。

スポンサーリンク

無職で生きるっていうけど、そもそも無職ってどんな状態?

  • 定まった定食についていない人
  • 会社に属していない人
  • フリーターとして働いている人
  • 家事手伝い
  • 自宅警備員

このような状態を一般的に「無職」と呼びます。

勘違いしてはいけないのが、全く何もせずにダラダラ生きている状態を「無職」というわけではありません。

無職で生きるには、ある程度の望まない労働は必要となります。

しかし「会社に属する」というストレスに比べれば圧倒的に少ないストレスで済むことが多いです。

決して、すべての会社員がストレスまみれだと言いたいわけではありませんが、会社勤めされていらっしゃる方は、毎日少なくとも8時間労働を強いられます。

さらに残業を命ぜられ、毎日12時間以上の強制労働をしいられている人も少なくないです。
このような状態でストレスが無いわけありません。

働けば働くほど給料がもらえるでしょうが、収入が増えれば税金も跳ね上がります。

ボロボロになりながら残業をしても、税金として搾取されてしまうので、手元に残るお金はそれほどありません。

無駄だと思いませんか?

自分自身の自由に使える大切な時間をすり減らしてまで、お金を稼ぐ必要があるのでしょうか?

現在のアナタの「生活水準」をさげることさえできれば、いま勤めいてるブラック企業から逃げることができます。

嫌なことからはサッサと逃げて、「自分の自由時間」を取り戻しましょう。

無職で生きる方法

旅人のイラスト

無職で生きる方法として一番シンプルなのは、「生活保護」をもらうことですが、生活保護はあくまでも最終手段だと思っておいてください。

どうしても社会に出たくないんだ!というスーパー無職の方は生活保護を検討しましょう。

☑️生活保護のもらい方を詳しく解説した記事がこちら⇩

生活保護をもらう以外で無職で生きる方法は、「月々の出費を極限まで抑える」ことで収入が少なくても無職としてのんびり生きていく方法しかありません。

無職である以上贅沢はできませんが、今の世の中は無料で楽しめるものが多く存在します。

YouTubeは無料で視聴できますし、ゲームがしたければアプリストアへ行けば、遊びきれないほど多くのゲームが無料でダウンロードすることが可能です。

アマゾンプライム会員(月数百円程度)になれば、映画、本、音楽、ゲームなど、すべての娯楽コンテンツが無料で楽しめます。

マサナカ
マサナカ

無料で楽しめるコンテンツすら遊び尽くせていないのに、大切な「生きている時間」を安売りしてまで働く必要が本当にあるのでしょうか?

筆者は、たとえ貧困になろうとも「時間」をいちばん大切なものと捉え、これからも生きていきます。

無職で生きるための節約術

無職で生きるには、出費を極限まで抑えることがもっとも重要です。

生活水準を大きく下げれるかどうかで、無職で生きることが可能かどうかが決まります。

削れるところは削りまくって、「自分の時間」を取り戻しましょう!

引越しをして家賃を下げる

無職で生きるためには、家賃の安い物件へ引越しすることは必須条件です。

家賃は毎月の出費の中でも特に高額になってしまっている方が大半ではないでしょうか?

ちなみに東京のワンルームの家賃平均は7万円だそうです。ここからさらに光熱費などを計算すると月々8〜9万円ほどかかってしまいます。

車を維持していらっしゃる方であれば駐車場代などの費用もかかるので、いくらお金があっても足りません。

それに対して、地方に住めば職場は遠くなるかもしれませんが、ワンルームで2万円代で借りられる物件がたくさんあります。

実際にぼくが住んでいる家は、家賃が月2万3000円とかなりリーズナブルな価格です。

光熱費などを入れても4万円ほどで維持することができます。

だからといって不便なわけでもなく、駅も歩いて15分程度のところにあるため、いつでも遠出することが可能。都心に出たい時は、電車でだいたい1時間あれば到着します。

何か欲しいものがあればAmazonで注文すれば、すぐに自宅まで届けてくれるので、生活に困ったことはほとんどありません。

帰って寝るだけの部屋に高額な料金を払うのは、ほんとうにもったいないです。

無駄な労働からおさらばして、無職として生きていきたいのであれば、家賃2万円代の物件探しから始めましょう。

ポイント
  • 家賃を抑えることができれば、無職人生への道が切り開かれる
  • 家賃2万円代であれば、心に余裕をもって生活できる

格安SIMを契約する

SIMカードのイラスト

無職で生きるためには、格安SIMを契約することを強くオススメします

通信キャリアで有名なところで言うと、

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク

上記3社でスマホを契約すると、月々だいたい1万円前後の請求がくるのが一般的です。

無職にとっての1万円は一般人の10万円だとお考えください(笑)

【令和3年2月3日追記】

上記3社で契約しても3000円程度と低価格な料金プランが発表されました!

それでも格安SIMの方がリーズナブルです。

格安SIMであれば、月々の請求は月々1000円〜2000円程度に納めることができます。

⇩筆者のスマホ代請求額がこちら

イオンモバイルご利用料金表

イオンモバイルの音声通話4GBのプランで、ほとんど電話をかけないので毎月だいたい1700円前後の請求となってます(別で固定回線を契約しています:月額4,000ほど)。

イオンモバイルを利用していて繋がりにくいと感じたことはほとんどないし、料金プランの変更などシンプルなサイトの作りで操作もしやすいのでオススメです。

【令和4年3月19日追記】

筆者は現在、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI(楽天アンリミットシックス)」を契約し、毎月1GB以下しか使わないので月額0円で利用させていただいております。

\1日「100円」でデータ使い放題!/
どれだけ使っても2,980円(税抜)以上かからない!

他にも、

  • LINEモバイル
  • UQモバイル
  • ワイモバイル

などのサービスが格安SIMを提供してくれています。

それぞれ一長一短ですので自分自身で比較し「これだ!」と思ったものを契約しましょう(筆者のオススメは「楽天モバイル」一択です)。

上記のどこで契約したとしても、ドコモ・au・ソフトバンクで契約するよりも安くなる可能性が高いです。

格安SIMを契約するときに端末をいっしょに購入することができますが、月々の料金が上がったり、2年縛りになってしまったりとデメリットが多いので、端末を別で用意する方法をオススメします。

AmazonやメルカリなんかでiPhoneの中古品を安く仕入れるのがもっとも合理的です。

必須でない場合は、車を維持しない

SUVのイラスト(車)

無職で生きていくには、生活に必須でないかぎり維持しない方が無難です。

車の維持費は、家計を、これでもかと圧迫します。

☑️トヨタプリウス(1800cc)の場合

種類金額(年間)
ガソリン代約6万円
駐車場代約6万円〜
車検代約6万円(2年で12万)
税金約4万円
任意保険料車両保険を入れて約8万円
その他整備費用約2万円
合計約33万円

ざっと安く見積もっても、年間33万円ほど維持費にかかってしまいます。

軽四に乗れば、もう少し安く済みますが、それでも高額なことに変わりありません。

無職で生きる人にとっては、とんでもない金額のため、車の維持はあきらめざるを得ないでしょう。

車は維持せずに、必要なときだけレンタカーを借りるというライフスタイルに変更することで、無駄な出費をガッツリと抑えることができます。

いまでは、高級車もお手頃な金額でレンタルできるサービスが出てきているので、見栄を張りたいときなんかにちょうど良さそうですね。

「いや、どうしても移動手段がいるんだよ!」って人は、原付の購入を検討してください。

50ccの原付であれば維持費がほとんどかからないので、無職であってもなんとか維持していけます。

ポイント
  • 車は維持しない方が無難である
  • 使いたい時だけレンタルする
  • 原付であれば、ほぼ維持費がかからない

Amazonをフル活用する

携帯で買い物をしている人のイラスト

”Amazonは無職で生きる人の味方です”

無職で引きこもりがちな人であっても、Amazonでポチポチすれば、すぐに自宅まで商品を届けてくれます。

便利すぎて、ひきこもりに磨きがかかります。

Amazonプライム会員特典
1.「prime」の商品全て送料無料
2.「prime」の映画見放題
3.「prime」の本読み放題
4.「prime」の音楽聴き放題

これらすべてのサービスが、年間5,000円程度で受けられます!この程度の金額であれば無職の方でも支払うことが可能です。

Amazonが素晴らしいのは、「欲しいものがほぼなんでも揃っている」というだけではありません。

Amazonを利用する最大のメリットは「迅速かつ柔軟な返品対応があるから」です。
「prime」の記載がある商品であれば、開封済みであっても、ほぼ全ての商品を返品できます。

↓返品をするにあたって、細かい決まりなどちょこちょこありますので、Amazonの返品方法を詳しく記述した記事がありますので、そちらを参考にしてください。

☑️詳しい返品方法はこちらの記事で紹介しています⇩

その他、節約できるもの

ケチのイラスト
  • 無駄なサブスクリプションサービスを解除する
  • 衝動買いしてしまう癖を直す
  • ギャンブルをやめる
  • 外食をしない
  • コンビニで買わずにスーパーで買う
  • お惣菜の半額を狙う

↑これらのことを気をつけていれば、月の出費はほとんどなくなるので、無職で生きるための準備はほぼできたようなものです。

削れるところはガッツリと削っていきましょう。

年間30万円の出費を抑えることができれば、年収が30万上がったのと同義です。

国民健康保険を全額免除する

小難しい税金の話ですが、無職で生きるためには必要な知識です。

国民年金は、条件を満たせば、「全額免除」することができます。

つまり、「無料になる」ということです。

全額免除をすることによって、もらえる年金額が減ってしまうデメリットがありますが、背に腹は変えられません。

国民年金を全額免除をするには、役所へ行って免除申請をする必要があります。

↓こちらの記事で詳しく解説します。

国民年金の支払いは国民の義務ですが、無職で生きる場合はどうしても払うことが困難です。

そんなときは支払いを免除してもらって、納税者に感謝しながら日々幸せに暮らしていきましょう。

月に5万円ほど稼げる方法を考察する

生活水準を大きく下げることができれば、次に無職で生きるために最低限の必要なお金を稼ぐ方法を考察しましょう。

カンタンな方法だと、月に数回程度アルバイトなどをして5万円ほど稼ぐなどがもっともポピュラーだと言えます。

コンビニでもいいですし、自宅で働きたい方であれば、内職をすれば5万円程度なら十分稼ぐことができます。

プログラミングや動画編集などの専門的なスキルがある人であれば、クラウドワークスを利用して稼ぐのもアリです。

ダラダラと過ごして生きていきたい気持ちはとてもよくわかります。

ですが、空いた時間を無駄にせず、「自分で何か収益を得ることができないか?」をしっかりと考えることで充実した無職生活を営んで行くことができるようになります。

☑️収益化する可能性があるもの

  • ブログ
  • YouTube
  • メルカリ転売
  • Amazon出品

などなど、これらは在宅で十分に収益化する可能性を秘めているものの例です。

無職となって余りまくっている時間をブログや動画作成などに粉骨砕身ふんこつさいしんすることで、副業程度で軽くやっているブロガーやユーチューバーなんかよりも圧倒的に早く結果を出すことができます。

実際、筆者がブログで収益が発生したのも「無職」となってからのことです。

無駄な時間をダラダラ過ごすぐらいであれば、何か楽しいことにフルコミットして収益化を目指して人生をより良いものにしていきませんか?

まとめ

今回は、「無職で生きる方法」を解説させていただきました。

  • 引越しをして家賃を下げる
  • 格安SIMを契約する
  • 車を手放す
  • アマゾンプライムをフル活用する
  • 免除できる税金を全て免除する
  • 月に5万円ほど稼げるアルバイトを見つける

これらのことを実践して、「無職で生きる」を実現させましょう。

無職で生きる方法として、生活保護をもらうという方法もありますが、生活保護は最後の最後、どうしても首がまわらなくなってしまったときに申請しましょう。

この記事は、けっしてブラック企業で苦しい思いをしている方を否定しているわけではありません。

働くことは素晴らしいことだと思いますし、働いている人がいてくれているからこそ、世の中がなりたっているのです。

ですが、「無職がカッコ悪い」とか「無職なんて終わってる」などと言って、死にたくなるまで残業するのは間違っていると思うんですよね。

「我慢すること」は、カッコいいことではありません。

本当にカッコいいのは、「どんな状況であっても、自分の人生にドンと胸を張って生きている人」ではありませんか?

逃げれば逃げるほど、人生は楽しくなります。

アナタも今すぐにクソみたいなブラック企業から逃げ出して、「無職で生きる」ことを目標に今すぐ行動してみませんか?

コメント

  1. Ya より:

    はじめまして!
    私の生活と非常に重なる部分、共感できる部分も多く、
    楽しく読ませていただきました。
    ブラック企業で働くのが嫌で逃げてみたら、
    意外と無職でのんびりとした生活も悪くないと感じる毎日です。
    お気に入り登録して、これからもご訪問させていただきます。
    ブログがんばってください。

    • マサナカ マサナカ より:

      Yaさん、コメントありがとうございます(^^)
      無理してまで働く必要はないですよね〜
      お金はまた稼げばいいけど、「時間」はいくら払っても取り戻せません。
      「生きている時間」を大切にして生きる人が1人でも増えればいいなぁと筆者は思っております。
      今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

タイトルとURLをコピーしました